Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:
Save

「Seeing AI」それは機械が人の目の代わりになる時代を予感させるアプリだ(西田宗千佳)

とにかくすごいので

西田宗千佳
2018年5月23日, 午前07:00 in Ai
226シェア
50
176
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

5月19日、マイクロソフトは、あるアプリをiOS向けに公開した(正確には、以前からアメリカ向けストアにあったアプリを日本のストアでもダウンロードできるようにした)。といっても、アプリの中身はすべて「英語」なので、日本語は扱えない。その点はご了承を。それでも紹介すべきと思うくらい、このアプリはスゴイのだ。

アプリの名前は「Seeing AI」。無料で公開されており、誰でも使うことができる。ただし、現状ではiOS版のみが公開されており、Android端末では利用できない。

使い方は簡単だ。アプリを起動し、iPhoneのカメラを好きなものに向ければいい。

とりあえず、動画を見ていただこう。机の上にあるカップを写すと「カップがある」と判断し、ノートPCを写すと「ラップトップが机の上にある」と判断する。水のボトルと一緒に写っていることも判別した。筆者の顔を写すと、「48歳の帽子と眼鏡をかけた男性が写っている」と反応する。外でツツジを写せば「ピンクの花が庭園にある」と判断する。紙幣を写せばそれが何ドルなのかを瞬時に判断する(再生できない場合、ブラウザーを変えるかコチラをクリックしてみてください)。

マイクロソフトのAI for Accessibility アプリ「Seeing AI」解説動画

@ mnishi41がシェアした投稿 -

▲Seeing AIの動作状況。iPhoneのカメラで写したものがなにかを、クラウドにあるAIと連携して判断する


▲屋外で花を撮影。きちんと「庭園にあるピンクの花」と判別

もちろん完璧ではない。東京タワーの写真を「たぶん時計があるタワーで、道ばたにある」と判断したり、駅の群衆を「ビルディングのまえに多数の人がいる」と判断したりする。だが、スマホのカメラを向けるだけで、このくらい「大まかに物体や状況がなにか」を判断してくれるのは、かなりすごいことだ。


▲東京タワーは個体判別できなかったが、「タワー」であることは判別


▲駅の群衆は、多数の人とは判断できたものの「ビルの前にいる」と判別した

この他「Seeing AI」には、バーコードを読み取って商品がなにかを判別したり、英語の看板や文章を読み上げたりする機能もある。

マイクロソフトは、5月9日に開催された開発者会議「BUILD 2018」で、「AI for Accessibility」という考え方を発表している。AIの認知能力を近い、ハンディキャップを抱えた人々に能力を活用してもらおう......という発想だ。この「Seeing AI」も、見たものをAIが判断することで、視覚に障碍をもつ人々に「見る力」を提供しよう、という発想で作られたアプリである。


▲5月22日から東京で開催された開発者会議「de:code 2018」の基調講演でも、「AI for Accessibility」に言及があった

もちろん、精度はまだ低い。現状、風景や貨幣の判断は「実験的な機能」と位置づけられており精度はまだ低いのだが、使ってみると、「スマホのカメラが人間の目の代わりになる」世界が近いことがよくわかる。

Seeing AIの背後で動いているのは、マイクロソフトの画像認識技術だ。同社は基本的な認識機能を「コグニティブサービス」として提供しており、開発者が自由にアプリの中に組み込める。また、Windowsの中に機械学習用プラットフォーム「Windows ML」を搭載し、様々な学習結果をアプリ内に組み込む手助けをしている。

同じようなアプローチは、もちろん他社も行なっている。Googleは写真に写っているものを判別する「Google Lens」という機能を開発中で、今後広くスマホなどで使えるようにしていく。

こうした認識技術は、スマホに入っているうちはまだ「実験」のようなものだ。メガネ型のデバイスに搭載され、ヘッドホンなどでそっと利用者に状況を伝える仕組みとして使われるのが本道だろう。HoloLensのような一体型でAR機能をもつ機器に搭載されると、「目の前にあるものはなにか」だけではなく、「目の前にいる人は誰で、いつ会った人か」を教えてくれるようになるはずだ。

AIが進化すればこうなる......という姿は色々語られてきたが、それを無料で、手のひらの上で体験できる機会はまだ少ない。「Seeing AI」は、まさにそういうアプリケーションだ。

ぜひ、みなさんにも一度体験してみていただきたい。認知力はまだ限定的だが、それでも、「これが人間に近い判断力まで改善したとき、我々の生活にどういう影響を及ぼすのか」を考えるには十分な能力と衝撃を持っている。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ai, application, apps, ar, ios, iphone, microsoft
226シェア
50
176
0

Sponsored Contents