Sponsored Contents

softbankの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンク、月1980円〜で通話+データの3段階定額プラン発表。ライトユーザー向け

スマホデビュー割とワンキュッパ割は終了

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年5月25日, 午後12:50 in softbank
136シェア
11
45
0
80

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

ソフトバンクは、使用したデータ量に応じて3段階のスライド式定額料金を適用する新プラン「おてがるプラン」を6月29日から提供すると発表しました。

●au、ドコモに追従

スライド式の定額プランは、auのピタットプランが先行しており、ドコモも4段階スライドの「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を提供中。ソフトバンクの新プランもこれに追従する形ですが、データ使用量が3GBまでとなっており、月々の使用量が少ないライトユーザー向けのプランです。
具体的には、通話定額の「スマ放題」「スマ放題ライト」と専用のデータ定額プラン「データ定額(おてがるプラン専用)」を組み合わせます。契約初年度には「おてがるプラン専用割引」として月々1000円が割り引かれます。なお、初めてスマートフォンを契約する場合、この割引は、次の機種変まで継続されます(従来のスマホデビュー割相当)。

スマ放題ライトの組み合わせでは、おうち割 光セットの併用で月々1980円からとなります。月々の使用量が3GBを超えた場合、通信速度は128Kbpsに制限されます(1GB1000円で容量の追加が可能)。

データ使用量
~1GB~2GB~3GB
スマ放題ライト2000円
データ定額(お手軽プラン専用)480円
(1480円)
1480円
(2480円)
2480円
(3480円)
おうち割 光セット-500円
合計
(2年目以降)
1980円
(2980円)
2980円
(3980円)
3980円
(4980円)

1GBまでは、従来のデータ定額ミニ 1GBにワンキュッパ割を適用した​​​場合と同額、それ以上では割安となりますが、おてがるプランでは、月々割は適用されません(半額サポートは利用可能)。

また、おてがるプランを契約できる機種は限られており、5月25日時点では、iPhone SE、Android One S3、DIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4の5機種が対象となっています。

​​なお、おてがるプランの提供にあわせ、スマホデビュー割とワンキュッパ割の申し込み受付は6月28日に終了します。

Source: SoftBank
関連キーワード: mobile, softbank
136シェア
11
45
0
80

Sponsored Contents