Sponsored Contents

smartphonesの最新記事

Image credit:
Save

美顔の次は「ビューティーボディ」。自撮りの覇者Meituが目指す次のステップは:山根博士のスマホよもやま話

ついにボディーラインも自在に操れるスマホが登場

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2018年5月24日, 午後08:17 in smartphones
88シェア
9
37
0
42

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

最近のスマートフォンはフロントカメラを使ったセルフィー機能の一つとして、美顔・ビューティーモードを搭載している製品が増えています。SNSに映える自分の姿を撮影できるとあって女性を中心に人気ですが、そんな美顔効果の専用機を次々に送り出しているのが中国のMeitu(メイトゥ、美図)です。



Meituのスマートフォンはフロントカメラが高画質なだけではなく、独自開発したアルゴリズムで肌の色あいを自然に美しく仕上げてくれます。またフロントカメラを使ったボケは奥行きが深く顔をひときわ引き立たせ、まるで映画のワンシーンのようなポートレート写真を撮影することも可能です。



そのMeituが5月23日に新モデル「T9」を発表しました。Meituのスマートフォンは「V」「T」「M」の3つのラインに分かれていますが、Tシリーズはいち早く最新技術(Technology)を搭載するモデル。T9はMeituとして初の18:9のディスプレイを採用。またチップセットもこれまでのメディアテックに代わり、クアルコムのSnapdragon 660を採用します。



カメラは1200万画素+500万画素のデュアル。全く同じ組み合わせをバックサイドとフロントサイドの両方に採用、つまり合計4つのカメラを搭載します。もちろん定評ある美顔モードも搭載しています。



そしてT9では新たにAIを使った体型の調整モード、すなわち「ビューティーボディ」と呼べる機能が加わりました。これは全身写真を撮影した際に骨格の配置を確認し、黄金比と呼ばれる美しい体系の比率に体のラインを修正してくれるとのこと。単純に太った体を細くするといった安易なものではないようです。



先日デジカメからの撤退を発表したカシオはセルフィー専用デジカメ「TR」シリーズを出しており、アジアの女性に高い人気を誇っています。このTRは本体のフレーム部分を開くとスタンドになり、全身写真が写しやすくなります。

スマートフォンで同じことをやろうとすると三脚がいりますが、TRは不要。セルフィーだけではなく全身を写したい女性にもTRは人気でした。カシオのデジカメ撤退でTRが消滅してしまう今後、Meituの「全身撮り」機能はさらに注目を浴びることになりそう。



フロントカメラの美顔モードは各スマートフォンメーカーが強化しています。一昔前は加工感が強く見られましたが、技術の進歩により、今では自然な仕上がりのセルフィーを撮影することが可能になっています。

そうした中で、元祖セルフィーカメラスマートフォンメーカーのMeituも、いまやセルフィーでの差別化は難しくなっています。顔の次はボディーに目を付けたMeituの動き、男性にとっても気になるカメラになるかもしれません。



88シェア
9
37
0
42

Sponsored Contents