Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

サムスンの次期スマートウォッチはWear OS搭載? 名称はGalaxy Watchになるとの噂

Wear OS(Android Wear)採用なら、約4年ぶり

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年5月24日, 午後07:30 in wearables
133シェア
23
62
0
48

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

スマートウォッチ市場でApple Watchが好調の中、あまり存在感を示せていないWear OS。今秋にはQualcommのモバイル向け新チップセットを搭載した端末が登場するとの話もありますが、その端末の1つをSamsungがリリースするかもしれません。

Samsungのスマートウォッチといえば、Gearシリーズがあります。OSにはWear OS(Android Wear)ではなくTizenを採用しており、スマートウォッチとしては電池持ちがいいのも特徴です。

このシリーズは、順当にいけば次に発売されるのはGear S4となりますが、これにはTizenではなく、Wear OSが採用される可能性が出てきました。この手の未発表情報に詳しいIce univers氏(Weibo上ではi冰宇宙 )とEvan Blass氏がそれぞれこうした情報を投稿しているためです。

また、Ice univers氏によれば、名称は「Galaxy Watch」になるとのことです。


この噂に先立ち、Qualcommは今秋にウェアラブル向けの新チップセットを投入すると発表済み。同時に、パートナー企業から、新チップを搭載した製品がリリースされるとの話も出ています。

噂されているWear OSを搭載する「Galaxy Watch」がこれに該当する可能性もありそうです。


実はSamsungは最初からスマートウォッチをTizenでリリースしているわけではなく、2013年9月に発売された初代スマートウォッチGalaxy GearはAndroidベースのOSを採用していました。ただし、2014年5月にソフトウェアアップデートによりTizenに更新。次に出たGear 2でもOSはTizenとなっています。

その次のGear LiveではAndroid Wearを採用していたものの1代限りで終了し、直後に発売されたGear SではTizenに戻っています。以降、S2、S3と、OSにはTizenが採用されてきました。

次期モデルでSamsungがWear OSを採用するなら、4年ぶりとなります。Tizenで培ってきたノウハウがWear OSにも活かされるのかという点でも、注目の端末となりそうです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

133シェア
23
62
0
48

Sponsored Contents