Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

ゴジラが日比谷に侵攻!HoloLensを装着して防衛作戦に参加せよ!「ゴジラ・ナイト」体験

「ミサイル発射!」の声で新開発のミサイルをゴジラに向かって発射!

Hirotaka Totsu
2018年5月25日, 午後07:00 in microsoft
116シェア
22
52
0
42

連載

注目記事

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

View


映画「シン・ゴジラ」の世界と現実世界が融合するMR(Mixed Reality:複合現実)体験ができるイベント「ゴジラ・ナイト」が5月24日より日比谷ゴジラスクエアで開催中。それに先だつ23日にプレス向け内覧会が行われたので一足早く体験してきました。



「ゴジラ・ナイト」は、Microsoftのホログラフィックゴーグル「HoloLens」を利用して、ゴジラが襲来する日比谷を守るための防衛作戦を展開するというアトラクション。HoloLensを装着した参加者は、巨災対のメンバーとして作戦に参加します。



筆者は、映画「シン・ゴジラ」は4DXやIMAX、極上爆音上映などほとんどの上映方式を体験、劇中の装備品なども特定するくらい何度も観劇しました。
シン・ゴジラで活躍する自衛隊の現用装備「実写」ギャラリー (全部実物を撮ってきました)
そんな筆者であれば、ゴジラを倒すのは容易いだろう!と勇んで作戦に志願しました。



参加者はまず、野営テントをイメージした作戦会議室に集められます。そこでホロレンズの装着方法や取り扱いのレクチャーを受けた後、作戦会議に入ります。



作戦会議は、シン・ゴジラの世界では登場しなかった新兵器が新たに登場します。我々はそのうちの一つ、血液凝固剤を充填したミサイル「ラプチャー」をもってゴジラに対抗するというものです。



劇中では多くの犠牲を払って転倒させたゴジラに血液凝固剤を経口投与する「ヤシオリ作戦」が行われましたが、今回はミサイルを打ち込むことでそれが可能となるわけです。「これは勝つる!」



側から見ていると、作戦地図上にゴジラの模型が乗っているだけですが、HoloLensを装着した我々にはMR表示された作戦計画が侵攻予想進路などがCG合成で見ることができ、否が応でも気分は高まります。



作戦会議を終え、矢でも鉄砲でも持って来い!という気分になった我々は、ゴジラが侵攻するする日比谷の街に出動します。出動した作戦拠点からは完成したばかりの商業施設「東京ミッドタウン日比谷」を破壊しながら迫り来るゴジラの姿が!




自衛隊の迷彩服に身を固めた隊長の号令に従い、我々も「ミサイル発射!」と叫びます。ミサイル発射!の発声とともに、ゴジラに向かってミサイルが飛んで行きます。



「ミサイル発射!」と叫ぶたびにミサイルが飛んで行き、次々にゴジラに着弾します。やがてゴジラは動きを緩め倒れそうになりますが・・・・



人類の叡智はゴジラに通じるのか、それともゴジラには敵わないのでしょうか?HoloLensによるMRコンテンツは、現実世界にコンテンツを投影できるという点で非常に没入感と体験のリアリティが味わえるものでした。

© TOHO CO., LTD.


関連キーワード: HOLOLENS, MICROSOFT, MR, VR
116シェア
22
52
0
42

Sponsored Contents