Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:
Save

バンナム、VR ZONE OSAKAを今秋、梅田にオープン。新宿に続く旗艦店

フィールド型VRアクティビティも設置

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年5月28日, 午後03:30 in vr
182シェア
58
80
0
44

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View


バンダイナムコアミューズメントは5月28日、VRエンターテイメント施設「VR ZONE OSAKA」を今秋オープン予定と発表しました。場所は大阪梅田の商業施設「HEP FIVE」の8階。9階。

VR ZONEは2016年4月~10月に期間限定で「Project i Can」としてオープン。それを引き継ぎ、2017年7月には旗艦店としてVR ZONE SHINJUKUがオープンしたほか、VRアクティビティの一部を体験できる小規模な「VR ZONE Portal」が各地のnamco店舗(ゲームセンター)を中心に展開されています。

大阪に開設されるのは、「VR ZONE SHINJUKU」に次ぐ関西初のフラッグシップ店舗。SHINJUKUで稼働中の各種アクティビティのほか、広い空間を自由に動き回ってVR体験ができるフィールドVRアクティビティも導入するとのことです。

フィールドVRアクティビティとしては、SHINJUKUでも「近未来制圧戦アリーナ攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」や「ドラゴンクエストVR」が稼働中。OSAKAのオープンに伴い、新しいアクティビティが追加されるのかも気になるところです。

なお従来は、VRアクティビティの利用条件として13歳以上の制限がありましたが、3月から一部を除き7歳以上に引き下げられ、家族連れでも楽しめるようになっています。

VR ZONE OSAKAに導入される具体的なアクティビティやチケット等の料金体系は7月中旬に発表するとのことです。

182シェア
58
80
0
44

Sponsored Contents