Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

シャオミがMi 8発表、最上位版は画面内指紋認証と3D顔認証に対応。廉価版Mi 8 SEも

上位モデルはスナドラロゴも見える透明仕様!

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年5月31日, 午後09:45 in smartphone
213シェア
65
86
0
62

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

Xiaomi(シャオミ)は5月31日、次期フラッグシップスマートフォン「Mi 8」シリーズを中国向けに発表しました。同社のモデル名規則の順番通りに行けばMi 7となるモデルですが、Xiaomiの創立8周年記念モデルのため、7はスキップし8としています。

ディスプレイは6.21インチ、2248 x 1080解像度。以前からの噂どおり、画面上部に切り欠き(ノッチ)があるスタイルです。このノッチ部には20MPカメラを搭載。赤外線顔認証に対応するほか、最上位モデル Explorer Editionでは、iPhone XのTrueDepthカメラに似た3D顔認証にも対応します。

Explorer Editionは他にも、トップ画像にあるように背面がトランスルーセント仕様となっている点も特徴。また、Mi 8の通常モデルは指紋センサーが背面にありますが、Explorer Editionは透明な背面をしっかり見せるためなのか、ディスプレイ内蔵指紋センサーを搭載します。



背面カメラは12MP(f/1.8)の広角レンズと12MP(f/2.4)の組み合わせ。広角側は4軸手振れ補正にも対応します。他社でも積極的に採用しているAIによるシーン認識も導入しており、206種類のシーンに対応。

そしてシャオミがもう1つの大きな特徴として打ち出すのは、Mi 8は2つのGPS信号、L1とL5の同時受信に対応する世界初のスマートフォンという点。そういわれてもどれくらい凄いのかがわかりにくいですが、シャオミ側によれば、従来のスマートフォンと比較し、ナビゲーション精度が格段に向上するとのことです。

その他の仕様としては、SoCはSnapdragon 845、RAMとストレージは通常モデルが6GB + 64/128/256GBの構成、Explorer EditionはRAMを大容量化した、8GB + 128GB構成となります。

バッテリー容量は通常モデルが3400mAh、Explorer Editionが3000mAh(ここは通常モデルより減少)。どちらも急速充電QC 4.0+をサポートします。

価格は、Mi 8の6GB + 64GBが2699元(約4万6000円)から、Explorer Editionは3699元(約6万3000円)。中国で6月5日に発売となります。

Gallery: Xiaomi Mi 8 series launch event | 13 Photos

13

Snapdragon 710を搭載するMi 8 SE

もう1機種、廉価版となるMi 8 SEも発表されました。ディスプレイは5.88インチで2244 x1080解像度。SoCには、Qualcommが先週発表したSnapdragon 710を世界で初めて搭載します。

Snapdragon 710はいわゆるミドルハイ機向けのSoCですが、Snapdragon 845と同世代のKyo 360 CPUを8基搭載するのが特徴。GPUはAdreno 616で、前世代GPUと比べグラフィック性能が35%アップ。4Kビデオ再生やゲームプレイ時のバッテリ消費は40%低くなっているとのこと。
AnTuTuベンチマークの総合スコアは17万4333に達するとのことです。



背面カメラは12MP(f/1.9) + 5MP(f/2.0)で、フロントは20MP。バッテリー容量は3120mAh。QC3.0の高速充電に対応します。RAMは4GB/6GBで、ストレージは64GBと、このあたりも一昔前の上位機種並の装備となります。

価格は4GBモデルが1799元(約3万円)、6GBモデルは1999元(約3万4000円)。中国で6月8日に発売です。

213シェア
65
86
0
62

Sponsored Contents