Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone SE2(仮称)は6月15日発売?WWDC直前に様々なうわさ

答え合わせまであと数日ですね

Kiyoshi Tane
2018年6月2日, 午後05:00 in Apple
405シェア
151
181
0
73

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View


新ハードウェア製品の発表はほぼないと予測されるWWDC 2018が近づくなか、iPhone SEの新モデル(いわゆるiPhone SE2(仮称))の新たな噂がいくつか報じられています。

一つはiPhoneのリーク情報に定評あるSonny Dickson氏のツイート。iPhone Xの液晶保護フィルムとiPhone SE2用と称するフィルムを並べ、iPhone SE2にiPhone Xよりも小さめのノッチ(上部の切り欠き)があるようだとほのめかすもの。

もう一つは、やはりiPhone製品のリーク情報で知られるBen Geskin氏のツイート。こちらは「iPhone SE2がiPhone Xのようなディスプレイになる可能性がある」こと。そして流出した広告代理店の資料に「iPhone SE2」「6月15日」という記載があったとの2点を伝えています。

Dickson氏のツイートは「iPhone SE2にノッチが存在し、しかもiPhone Xのそれよりも小さい」可能性を示唆するもの。

5月にも同様の噂が報じられましたが、その際にも(ノッチから類推される)Face IDに必要なTrueDepthカメラやマイクなどの部品をどうやって小さめのスペースに収めるのか?といった疑問の声が上がっていました。
一方、Geskin氏のツイートは2つあり、まず「大手ケースメーカーが、iPhone SE2がiPhone Xのようなディスプレイになると"保証"した」との情報。こちらはDickson氏と同様の趣旨といえます。

より注目度が高めなのは、流出したJCDecaux(フランスの大手広告代理店)の資料に「iPhone SE2」「6月15日」の記載があったというツイートです。Geskin氏は明確には言及していませんが、「 6月15日にiPhone SE2発売」の可能性が読み取れます。

さらに他の写真には「Free(無料の) AirPower Mat」の記述もあり。AirPowerとは2018年内に発売予定とされているアップル純正ワイヤレス充電アクセサリのこと。

公的機関EEC(ユーラシア経済委員会)のデータベースに「iOS 11を搭載するアップル製品」が追加されていた傍ら、2018年の主要iPhoneが第3四半期と観測されていることから、消去法で登場への期待が高まっているiPhone SE2。どの噂も確定的といえる決め手には欠けていますが、週明けのWWDC 2018での答え合わせを心待ちにしたいものです。

Source: Twitter, Twitter
関連キーワード: apple, iphone, iphonese2, wwdc
405シェア
151
181
0
73

Sponsored Contents