Sponsored Contents

Gadgetsの最新記事

Image credit:
Save

台北で開催中の無駄づくりアーティスト藤原麻里菜さんの個展をチェックしてきた:旅人目線のデジタルレポ 中山智

無駄づくりは国境を越えたコミュニケーションでした

中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2018年6月4日, 午前11:30 in Gadgets
165シェア
43
59
0
63

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

旅人ITライターの中山です。現在6月5日から開催されるCOMPUTEX TAIPEI 2018の取材のため台北に来ています。COMPUTEX以外にもなにかおもしろいイベントがないかとチェツクしていたら、無駄づくりYouTuberとして最近注目を集めている藤原麻里菜さんが、台北で個展を開くという情報をキャッチ。早速現地で取材をしてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲無駄づくりアーティスト&YouTuberの藤原麻里菜さん

藤原さんは、自作した機械や作品をYouTubeチャンネル『無駄づくり』で紹介しているよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のアーティスト。ただし制作した機械や作品は「歩くたびに胸が大きくなる装置(巨乳マシーン)」や「インスタ映え台無しマシーン」、「壁ドンマシーン」など、いずれも「それって意味あるの? それって必要?」と思ってしまうものばかり。YouTubeチャンネルのタイトルどおり、無駄なものばかりを作って発表しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲イベント会場に展示された「歩くたびに胸が大きくなる装置(巨乳マシーン)」

今回個展を開催している場所は台北市内にある「華山 Laugh&Peace Factory」。2017年に吉本興業などが台湾・台北に情報発信拠点としてオープンしたイベントスペースで、すぐそばには光華商場や三創生活園區などがある、IT業界の人には馴染みの深い場所。そこに「ゼロからつくる無駄な部屋 in 台北」(中国語:「無中生有的沒用部屋 in 台北」/♯無用發明展)と題し、選りすぐりの11作品を日本から持ち込んで展示しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲会場は古い工場をリノベーションした華山1914クリエイティブパークの一角にある

今回、個展を台北で開催することになったきっかけは、「会場が空いていて無料で借りられると声をかけられたから」と最初は軽い気持ちでスタート。ところが藤原さんは、日本でも個展らしい個展は過去に1度しか開催したことがなく、イベント開催の準備なども手探り状態でスタート。しかも会場費はかからないが渡航費や設営などの費用は必要で、その額は合計150万円。そのうち50万円は事務所の協力を取り付けたが、残りの100万円はクラウドファンディングで集めることに。幸いクラウドファンディングは成立し、予算の100万円を越える支援を受けることができ、個展開催へとこぎつけています。


▲クラウドファンディングは最終的に150万円近くにもなった(現在は終了)

藤原さんは「ひとりくらいしか来なかったらどうしようと夢でうなされたりしていた」というほど心配していたそうですが、オープン初日には5200人もの来場者が集まり、時間帯によっては屋外に行列ができていたとのこと。筆者が取材したのは2日目の午前中でしたが、11時のオープン前から来場者が並んでいるほどのにぎわい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲2日目のオープン時の様子。オープン前から来場者が列をつくっていた

会場内には制作した作品のほか、作品を紹介した動画も再生。音声は日本語ですが中国語の字幕をいれてあるため、動画再生中のディスプレーにも人だかりができるほど。また、「らくらくハイタッチくん」や「札束で頬を撫でられるマシーン」は来場者が実機に触れられるようになっており、台湾の人たちが笑いながら試していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲説明動画を食い入るように見る台湾の来場者。ときおり笑いもおこり、無駄づくりを楽しんでいるようだった

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲ハイタッチするのが恥ずかしい......ハイタッチなんてダサい......そんな概念を覆す、革命的な発明品「らくらくハイタッチくん」

中山 智さん(@dg662bpm)がシェアした投稿 -

▲「札束で頬を撫でられるマシーン 」を制作者本人に使ってもらってみた

ものづくりと合わせて動画などでアピールし、みんなを楽しませるのが好きという藤原さん。台北での個展成功を手がかりに、「今後もいろいろな場所で発表していきたい」と話ています。「無駄」は国境を軽々と越えるようなので、今後の活躍に期待したいところ。「ゼロからつくる無駄な部屋 in 台北」 は6月10日まで開催(平日・土日祝ともに 11:00~18:00 /最終入場 17:30)しており、入場は無料。このタイミングで台北にいる人はオススメのスポットですよ。

【無駄づくり/ Wasted creation】
【華山Laugh&PeaceFactoryFacebookページ】

関連キーワード: artist, exhibition, Gadgets, Taipei
165シェア
43
59
0
63

Sponsored Contents