Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新OSで大刷新。Apple Watchが面白いことに(WWDC 2018)

ワークアウトの自動検知にも対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年6月5日, 午前05:47 in apple
209シェア
61
148
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

今年も開幕したWWDC。新ハードウェアの発表はありませんでしたが、Apple Watchユーザーには朗報だと断言できます。今秋に公開されるwatchOS 5が面白いことになっているからです。

まず、ワークアウトの自動検知にようやく対応しました。他のスマートウォッチでは珍しい機能ではありませんが、これがあると、例えば運動前にワークアウトアプリを起動し忘れて運動量を計測できなかった... なんてことが無くなりなります。

さらに「ヨガ」や「ハイキング」(登山)をトラッキングできる新しいワークアウトも追加。そのほか、既存のワークアウトの一部にも、ペースアラートやケイデンス機能が加わっています。



Apple Watchをトランシーバーとして使える「ウォーキートーキー」も見逃せません。これは、付近にいる人とApple Watchを介して、ボタンを押している間だけ会話ができる機能。今はなきNTTドコモの「プッシュトーク」を連想させる機能が、Apple Watchに搭載されたのです。

Siriを呼び出す際に「Hey Siri」と口に出す必要もなくなりました。手首を上げるだけでSiriが起動します。また、iOS 12と同様の「ショートカット」機能が利用できるので、よりスマートになっています。

通知に関しても改良が加えられています。iOS 12と同様に、同じアプリからの通知はグループ化することで視認性を改善。また通知から直接空港にチェックインできるなど、通知からワンアクションで行える機能を拡充しています。さらに、WEBサイトのリンクを含むメッセージを受け取った場合、ウェブページをApple Watchの画面に最適化してプレビュー表示してくれる機能も追加されました。

このほか、友人と1週間のワークアウト量を競う機能や、単体でPodcastが聞ける機能、Apple WatchのNFCを学生IDカードとして使える機能も追加されています。

新機能が盛り沢山といった具合で、今秋の一般公開が待ちきれないほど楽しみなwatchOS 5。機能が豊富になったことでバッテリーの減りが早まっていないことを祈るばかりです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Apple
関連キーワード: apple, appleappkewatch, watchos, watchos5, wwdc, wwdc2018
209シェア
61
148
0

Sponsored Contents