Sponsored Contents

businessの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト 、GitHubの買収を正式発表。買収額は約8200億円

オープン性は維持するとのこと

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年6月5日, 午前01:08 in business
512シェア
276
169
0
67

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

噂されていたとおり、MicrosoftがGitHubの買収を正式発表しました。買収額が75億ドル(約8200億円)。最終的な買収完了は今年末になる予定とのことです。


Microsoftの買収により、現在のオープン性などが損なわれるのではないかとの懸念もありますが、これについては、発表と同時に更新されたブログの中で、MicrosoftはGitHubコミュニティのスチュワード(家令、執事)になると約束。GitHubコミュニティの開発者ファーストの気風を尊重し、オープンなプラットフォームを維持するとしています。

ようするに、Microsoftが2016年に買収したLinedInと同様に、独立した運営となるようです。ただ、今後Microsoftの開発ツールとGitHubの統合はますます進んでいくものと考えられます。

なお、買収完了後のGitHubの新しいCEOには、MicrosoftのNat Friedman副社長が就任予定となっています。Nat Friedman氏は、LinuxやiOS、Androidなどのクロスプラットフォーム向けの.NET環境を作っていたXamarinの創設者でもあります。また、GitHubの共同設立者であるChris Wanstrath氏は、Microsoftの技術研究員になるとのことです。
512シェア
276
169
0
67

Sponsored Contents