Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

アップル、iOS 12のARKit 2は大幅強化。複数人で同時体験や状態保存、物体認識、新規格USDZ対応など

メガネはよ

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年6月5日, 午前09:04
109シェア
11
98,"likes":75
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


開発者カンファレンスWWDC 2018で、アップルがAR(拡張現実)プラットフォームの新バージョンARKit 2を発表しました。

ARKit 2は新たに3Dオブジェクト検出、複数ユーザーが同じARシーンを各自の視点から同時に体験できる共有体験(Shared Experience)、シーン全体の状態を保存再開できる継続AR(Persistent AR)などに対応。

デモの例では、組みあがったレゴの建物をiPadごしに見ると、現実のレゴの周りに仮想のキャラクターやオブジェクトが広がったり、他のユーザーと同じARを共有して遊んだり、場面の状態を保存して後からまた再開できるようになりました。



2017年の iOS 11から導入された ARKit は、カメラを使い現実と仮想を重ねてみせる Augmented Reality(拡張現実)アプリを作るための開発者向けフレームワーク。

現実の部屋に仮想の家具を置いて大きさや雰囲気を検討できるIKEAのアプリや、ポケモンが実際に目の前にいるように表示するポケモンGOのAR+モードなどに使われてきました。

「カメラごしに見ると何かが現れる」や「どの角度から見てもそこにいるように見える」といったアプリは大昔からありますが、アップルのARKit はiPhoneやiPadなど対応デバイスが多いこと(アップルによれば「世界最大のARプラットフォーム」)、単一メーカーの比較的高性能なデバイスに絞ったことによる高性能・高精度、OSに標準で搭載されるため開発者がアプリを作りやすいことなどが特徴です。

昨年の1.0リリースでは水平面のトラッキングなど基本的な機能のみでしたが、今年のiOS 11.3に含まれるARKit 1.5では壁のポスターやパッケージの写真などを認識できる2D画像検出・トラッキング、水平面に加えて垂直面の認識、丸テーブルなど不規則な形状の平面認識などが加わっていました。



iOS 12と同時リリース予定の ARKit 2 では、3つの大きな新機能が加わります。

・Persistent AR Experiences

継続するARエクスペリエンス。ARで仮想おもちゃを仮想ちらかしても、状態を保存して次回同じところから再開可能に。

・Shared AR Experiences

同じARを共有して同時に体験可能に。従来でも、壁の絵など固定されたアンカーに情報を重ねるようなシンプルなARならば、複数人で同時に見ても結果的に同じものが見えるという意味で同時体験はできました。

ARKit 2では、ARのシーン自体の状態を複数ユーザーでリアルタイムに共有可能。AR内の仮想オブジェクトの状態も同期することで、ARを使ったゲームの対戦なども作りやすくなります。

・Object Detection and Tracking

従来の平面画像に加えて、現実の物体の検出とトラッキングも可能に。製品のパッケージやおもちゃなどを認識して、ARを重ねられるようになります。

デモの例では組みあがったレゴの建物を検出して、ほかの建物や動くキャラクターを追加。オブジェクトをトラッキングできるため、現実のレゴの建物の内部をARで透視するといった見せ方も可能に。

また雑誌の表紙など、動く物体に描かれた画像の検出とトラッキングも可能です。




iOS 12ではこのほか、新たなオープン3Dシーンファイルフォーマット USDZに対応します。

USDZ はアニメーション映画スタジオPixarが自社の映画製作のために作成したファイルフォーマット USD (Universal Scene Description)をもとにしたオープン規格。

USDがコンテンツ制作向けに、多数の3Dオブジェクトやシーンなどを収められるスケーラビリティを念頭に置いた規格であるのに対して、USDZは簡単な表示や共有など、完成した3Dシーンのアプリレベルでの利用に向いた規格となっています。

iOS 12ではOSのクイックルックがこのUSDZ形式に対応するため、Safariブラウザやメッセージ、メモなどで他のファイル形式と同様にそのまま3D / ARオブジェクトを表示可能。

動画ファイルやHTMLファイルをアプリ内でそのまま開けるのと同様に、3Dオブジェクト/シーンのデータをさまざまなアプリに埋め込んで、そのまま開いて確認できるようになります。

例えばウェブにUSDZ形式のファイルを埋め込んでおけば、iOS 12のiPhoneやiPadならば特に専用のARKitアプリをインストールしなくても、そのまま3Dのオブジェクトを開いたり、机の上に置いて眺めることができるようになります。


ARKit 2 はこの秋のiOS 12で一般向けにリリース予定です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

109シェア
11
98,"likes":75
0

Sponsored Contents