Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

AI機能を備えたデュアルスクリーンノートPC「Project Precog」をASUSが発表:COMPUTEX TAIPEI 2018

PCに大きな変革をもたらすことに期待です

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2018年6月5日, 午後05:17 in personal computing
344シェア
161
112
0
71

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

ASUS(エイスース)は6月5日、COMPUTEX TAIPEI 2018に合わせて開催したプレスイベントで、AI機能を備えたコンバーチブルタイプのデュアルスクリーンノートPCのコンセプトモデル「Project Precog」を発表しました。このコンセプトモデルは2019年に製品化を予定。プレスイベントでは試作機が披露されましたが、COMUPTEXの会場には展示されていません。

Project Precogはデュアルスクリーンフォームファクターを採用。ノートPCのように使う「Stand Mode」、見開きの書籍のような「Book Mode」、動画などの視聴に適した「Tent Mode」、向かい合った対戦ゲームなどを想定した「Flat Mode」などのスタイルで利用可能です。

oznor
Project Precogの背面

oznor
ノートPCのように使う「Stand Mode」

oznor
見開きの書籍のような「Book Mode」

oznor
動画などの視聴に適した「Tent Mode」

oznor
対戦ゲームなどを想定した「Flat Mode」

Project Precogの詳細は現時点ではまだ明らかにされていません。今回の発表会で具体的にアナウンスされたのはインテルのVPU「MOVIDIUS」を搭載すること。ソフトウェアキーボードを含めて用途に応じて変化する入力インターフェース「インテリジェントタッチ」を採用し、デジタイザーペンなども用意されます。また、バッテリー寿命を最大化するために「インテリジェントチャージ」機能を搭載します。


インテルのVPU「MOVIDIUS」を搭載


キーボードは用途に応じてインターフェースが変わります。振動によるフィードバックシステムなども搭載されるでしょう


デジタイザーペンを使いクリエイティブ用途での活用も視野に入れています


ディスプレイを2台搭載することでバッテリー駆動時間への影響が懸念されますが、その最大化を目的として「インテリジェントチャージ」機能が搭載されます


Excelなどはソフトウェアキーボードのみで序盤は作業して......


途中から上にメインの作業画面、下にグラフなどを表示させることが可能です


Microsoft Cortana、Amazon Alexaに両対応する予定

デュアルスクリーンノートPCと言えばASUSが発売した「ASUS TAICHI 21」が思い出されますが、デュアルスクリーンを生かすアプリケーションが不足し、苦戦を強いられた感があります。

しかし今回の発表会では、インテル副社長のクリストファー・M・ウォーカー氏、マイクロソフト副社長のポール・ドノヴァン氏の登壇を仰ぎ、強いパートナーシップを強調しました。

デュアルスクリーンを生かすOSの機能、アプリケーションを揃えたうえで製品化され、Project PrecogがPCを進化させることに期待しましょう。


Project Precogは2019年製品化の予定です

関連キーワード: ai, ASUS, laptop, notebook, personal computing, windows
344シェア
161
112
0
71

Sponsored Contents