Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

ASUSのAI搭載2画面コンセプトPCは来年中の発売を予定

AIがユーザーの手の位置を認識します

114シェア
13
46
0
55

連載

注目記事

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

View


[Engadget US版より(原文へ)]

Computexでは、ASUSはいつも自前のサプライズを披露してくれますが、今年もやはり、見せてくれました。本日の基調講演の際に、ASUSは「Project Precog」(プロジェクト予知)コンセプト・コンピューターを公開しました。AI機能を搭載した2画面のPCです。

LenovoのYoga Bookに似ていますが、単に物珍しいだけのマシンではないと期待したくなります。ASUSによると、1日の時刻に応じてバッテリーの充電を最適化するとのことです。また、書類を処理している間にExcelの提案を受け取る様子も見せてくれました。IntelのMovidiusビジョンプロセッサー・ユニットを搭載し、常にユーザーの手の位置を感知します。

Gallery: ASUS「Project Precog」Computex 2018にて | 15 Photos

15

Project Precogは、完全なコンバーチブル型で、下のディスプレイをキーボードにすると従来型のノートパソコンの形となり、テントのように立てることもでき、折りたためばタブレットになります。平らに広げると、2つの画面を使ってゲームが楽しめます。Predogはまた、セミデスクトップとしても使えます。ASUSは、画面を縦にして広げ、手前にワイヤレスキーボードを置いたスタイルを会場でデモンストレーションしていました。ケースは、ZenBookの流れをくむ、ぴかぴかに磨かれた美しい金属製です。



本当に驚いたのは、ASUSがこれを単なるコンセプトマシンではないと発言したことです。来年中に発売を予定しているとのこと。ただし、今回披露されたものとまったく同じ形でなくても、がっかりしないでください。これまでも2画面のPCの試みはいくつも見てきましたが、ついにこのコンセプトが実用化されるところまで技術が進んだようです。

Computex 2018の最新情報はこちらをどうぞ。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Devindra Hardawar


114シェア
13
46
0
55

Sponsored Contents