Sponsored Contents

Internetの最新記事

Image credit:
Save

Facebookモバイルアプリに「リップシンク」動画作成機能。お気に入りの楽曲で投稿可能に

数か月のうちに使えるようになる見込み

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年6月6日, 午前06:30 in Internet
111シェア
17
41
0
53

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

Facebookのモバイルアプリが、リップシンク動画作成機能を搭載しました。専用アプリを使わずともショートムービーを簡単に作り、ストーリーに投稿できるようになります。

リップシンク動画とは、アーティストになりきって楽曲に合わせて歌っているようにみせる、要するに口パク動画のこと。たとえば芸人の渡辺直美さんが十八番とするビヨンセネタなどはリップシンク芸と言って差し支えないでしょう。SnapchatやInstagramなどでは、女子中高生などのあいだでリップシンク動画が人気を得ています。

実際にリップシンク動画を自作するにはそれ専用のアプリで作ることが多く、Tik TokやMusical.lyといったアプリがよく使われます。Facebookモバイルアプリでは、このリップシンク動画をライブ動画機能から作れるようにしています。

もちろん映像にはマスクやフィルターといったエフェクトもかけられ背景の選択もできます。Facebookは最近、ユニバーサル、ワーナー、ソニーの3大レーベルや主要インディレーベルと楽曲使用契約を結んでいるため、実質的にはあらゆる楽曲でリップシンク動画を作ることができるはずです。FacebookはGuns N' Rosesからエド・シーラン、ドレイク、カミラ・カベロなどの人気曲を選択できるとのこと。

Facebookモバイルアプリのリップシンク動画作成機能は、記事執筆時点では限られた国だけで提供が開始されたばかりですが、今後数か月をかけてあらゆる国で利用可能にする予定です。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

111シェア
17
41
0
53

Sponsored Contents