Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iOS 12β版で「自動ソフトウェアアップデート」機能が発見。手動で選択が不要になる?

すでにmacOSでは実装済み

Kiyoshi Tane
2018年6月5日, 午後05:00 in apple
128シェア
24
54
0
50

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View


アップルの開発者向け会議「WWDC 2018」で発表された次期iOS「iOS 12」。その開発者に配布されているβ版にて、「自動ソフトウェア・アップデート」機能が発見されたことが報じられています。

自動アップデート機能は、従来のiOSにはなかったもの。この機能はWWDCの発表でも言及がなく、プレビューページでも触れられていない「隠し機能」と言えそうです。

これまでのソフトウェアアップデートは、すぐにインストールするか、夜間にインストールするかのオプションが用意されていたものの、いずれにしても「ユーザーが手動で選択する」必要がありました。

現時点のβ版では、設定の「一般」 「ソフトウェア・アップデート」の中に、新たな「Automatic Updates(自動更新)」の項目が追加。これを有効にすることで、自動アップデートが可能となるようです。
autoupdate

ただ、今のところiOSについては、アップデートのたびに「ユーザーに契約条件などを確認させる」手順を踏ませることが一貫しています。

アップルがこの方針を変更するのか、ないし自動更新オプションを選ぶ際に予め確認を得ておくのか。ほかWi-Fi接続は必要か、電源に接続しておく必要があるのか、プレビューページにも記載がないので一切不明です。

とはいえ、macOSではすでに自動アップデートは可能のため、iOSにも同じ方針を拡張するのかもしれません。
mac

今回の発見はあくまで開発者向けのβ版のみ。開発バージョンで追加された新機能が正式リリース版では削除された例も数多くあり、残されるとは限りませんが、OSのアップデートはセキュリティを強化するためにも必須。iOS 12正式版の公開を待ちたいところです。

Source: 9to5Mac
関連キーワード: apple, ios, ipad, iphone, mobile, security, smartphone
128シェア
24
54
0
50

Sponsored Contents