Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iOSとmacOSの統合に「No.」ただしiOSアプリがMacで動くクロスプラットフォーム環境は準備

半分正解でした

Kiyoshi Tane
2018年6月5日, 午後03:30 in apple
191シェア
50
78
0
63

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


アップルの開発者向けイベント「WWDC 2018」にて、アップルがiOS用アプリをmacOSでも使えるようにする準備を進めていることが発表されました。新macOS Mojaveに搭載される「ホーム」「株価」「ニュース」「ボイスメモ」といった4種類のアプリは、いずれもiOS版をベースにしているとのこと。

iOSとmacOSは統合されるのか? 巷を賑わしていた疑問は巨大な「No.」でピリオドが打たれましたが、あくまで否定されたのはOSの統合だけ。アプリについては両OSで共通のものが動作、ないし少なくとも移植のハードルが下がるもようです。

ティム・クックCEOが「MacとiPadの統合」に寄せた否定的なコメントに、一応嘘はありませんでした。「iOSとmacOSが統合され、ハイブリッド機器が登場する」は否定されましたが、「iOSとmacOS両方で動くアプリを開発できるクロスプラットフォーム環境が登場」という大方の予想は当たっていたようです。

現時点でもiOSとmacOS、両方のアプリを手がける開発者は少なからず存在しますが、移植には多大な労力がかかります。原因となっているのが、2つのOSにおけるUI(ユーザーインターフェース)の違い。単純な画面サイズのほか、キーボードなど操作体系も大きく異なります。

具体的なアプリ開発環境においては、macOSデスクトップアプリはAppKitを、iOSはUIKitのフレームワークを使用。この部分に共通性がなかったため、移植にあたってはUIを書き直す必要がありました。
Cross

ソフトウェア・エンジニア上級担当副社長クレイグ・フェデリギ氏によれば、第一段階はiOSのUIKitをmacOSに移植し、デスクトップ環境でも正しく動作するようにすること。トラックパッドやウィンドウのサイズ変更、ドラッグアンドドロップなどのUIをサポートするわけです。

フェデリギ氏いわく、まだ開発は初期段階にあり、自社アプリでの作業を進めるとのこと。サードパーティの開発者には来年提供され、iOSアプリのMacへの導入が容易になると述べました。

「iOSアプリがMacにもやってくる可能性が高まった」ということで逆はなさそうですが、前者が後者よりも圧倒的に豊富なため、幸せのトータルは増える見込みです。

要するに他社の「ChromebookでAndroidアプリが動く」に近いと思われるものの、あちらにはタッチパネルという大きなハードウェア上の共通性があり。実際にiOS/macOS両対応のアプリが使いやすくなるのか、まずアップルの自社アプリを待って検証したいところです。

関連キーワード: apple, ios, MacOs, os, wwdc
191シェア
50
78
0
63

Sponsored Contents