Sponsored Contents

Peripheralsの最新記事

Image credit:
Save

ハンドスピナーとUSBケーブルの不思議なコラボ:辛酸なめ子の「ぐるぐる」話

回して充電できれば満点でした

辛酸なめ子
2018年6月6日, 午前11:50 in Peripherals
105シェア
10
45
0
50

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


2017年大流行したハンドスピナー。今さらと油断させておいて実用的なアイテムが登場しました。

「DIME」7月号には「フィジェれば仕事もうまくいく!」というキャッチフレーズで「3WAY USB CHARGE SPINNER」の付録が搭載。ネットで話題になっています。コンビニを何軒か回って「DIME」を購入。

「モバイルガジェットを充電できるハンドスピナー」と書かれていたので、てっきり回転の動力が電池に充電される革新的なアイテムかと思ったら、普通につなげるだけでした。でも家電ショップでケーブルは1000円以上するのに、780円の雑誌の付録で、「Micro USB」「USB Type-C」「USB」という 3種類のコネクターがついているハンドスピナーは十分コスパが高いです。突然ケーブルが使えなくなった時にあると便利です。回転も結構スムーズで、手持ちの500円のハンドスピナーよりよく回ります。

一見ケーブルには見えないという特性を生かせる場所もあるかもしれません。データを転送できたらもっと良かったのですが、付録にそこまで求められません。友人・知人のPCからこっそり電源を拝借したい時のカモフラージュになりそうです。

「ハンドスピナーをくるくる回す、つまりフィジェることで、緊張やフラストレーションの解消に効果があるとか、気持ちが穏やかになるという効果もあるようです」と誌面で脳科学者 茂木健一郎さんは語っておられます。すぐ断線するケーブルに悩まされている現代人は、一個予備が増えただけでも気持ちが穏やかになりそうです。


105シェア
10
45
0
50

Sponsored Contents