Sponsored Contents

motorolaの最新記事

Image credit:
Save

速報:モトローラ、moto g6/g6 plus/e5を6月8日発売、18:9縦長画面の3兄弟スマホ

日本初登場のmoto eシリーズは「価格で攻めます」

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年6月7日, 午前11:40 in motorola
217シェア
70
84
0
63

連載

注目記事


モトローラはSIMロックフリーのAndroidスマートフォン3モデル「moto g6 Plus」「moto g6」「moto e5」を6月8日に発売します(タイトル写真はg6 plus)。

「moto g6 Plus」「moto g6」は、ミドルレンジ「gシリーズ」の新モデル。上位モデルXシリーズのデザインを取り入れ、18:9の縦長ディスプレイ、2眼カメラなどを搭載します。価格は、「moto g6 plus」が3万8800円(税抜、以下同)、「moto g6」は2万8800円です。

「moto e5」は、日本初登場となるエントリーライン「moto eシリーズ」のモデル。1万8500円という低価格ながら、18:9の縦長ディスプレイや指紋認証など流行の機能を抑えています。

▲Moto e5
​​​​​
▲moto g6 plus(左)とmoto e5

moto g6/g6 plus

「moto g6」と「moto g6 plus」は兄弟モデルで、上位シリーズのMoto X4と共通のデザインとなりました。背面の左右はなだらかなカーブ形状となっていて、手に持った時に薄く感じる仕上げ。カラーはMoto X4で好評だったという「ディープインディゴ」のみをラインナップします。

moto g6 plusが上位モデルという位置づけで、チップセットに「Snapdragon 630」(2.2GHz駆動、オクタコア)を搭載、メモリは4GBで、ストレージは64GBという構成。大きさは約159.9×75.5×8.1mm、重さは約165g、バッテリー容量は3200mAhです。

moto g6はチップセットにSnapdragon 450(1.8GHz、オクタコア)を装備し、メモリに3GB、ストレージは32GBを搭載。いずれも128GBのmicroSDをサポートします。大きさは約153.8×72.3×8.3mm、重さは約162.5gで、バッテリー容量は3000mAhとなっています。

ディスプレイサイズはmoto g6 plusが5.9インチ、moto g6が5.7インチとなっており、解像度はいずれもフルHD+。0.2インチとわずかな差ですが、moto g6 plusが大画面モデルと言える迫力があるのに対し、moto g6は片手で操作しやすいといったように、実感できる程度の操作感の違いがありました。


▲moto g6 (左)とmoto g6 plus

背面カメラは両機種ともデュアルカメラで、解像度も12MP+5MPと共通。12MPのカメラがカラーセンサー、5MPはモノクロのセンサーとなっており、2つで1つのカメラとして動作し、ディティールやコントラストのはっきりとした写真を生成します。



ポートレートモード(背景ぼかし)やスポットカラー、フェイスフィルターといった撮影機能も備えています。特徴的なのは、AIを用いた被写体検出。カメラにかざした物体が何かを判別して、情報を検索できます。Moto X4から踏襲した機能ですが、被写体検出の精度は向上しているようです。

また発表会での注目点として、カメラの構成や機能は共通ながら、moto g6とmotog6 plusのカメラにはわずかな画質の違いがあると公開された点が挙げられます。これは説明員によると、搭載しているイメージセンサーのメーカーが異なり、moto g6はOmniVision製、motog6 plusはソニー製を採用しているためとのこと。

この違いから、motog6 plusの方が暗所に強く、明暗差がある部分での描写力が高いといいます。ただし、画質の差は紙に印刷した写真で細部を見比べてみて判別できる程度。SNSへの投稿などであれば気にしなくても良さそうです。


▲上がmoto g6、下がmoto g6 plus。画質の差は細かく比較して気づくかどうかという程度

Gallery: moto g6/g6 plus カメラ機能紹介スライド | 9 Photos

9

▲moto gシリーズのカメラ機能を紹介するスライド

両機種共通の特徴として、3キャリアのLTE通信に対応し、LTEと3GのDSDS(2回線同時待受)もサポート。nanoSIMスロット2基とmicroSDスロットは独立しており、DSDSとmicroSD(最大128GB)を併用できます。前面下部に指紋センサーを装備しています。

また、前モデルでは備えていなかったジャイロスコープを搭載。発表会では「ナントカGOも快適にプレイできる」と、ポケモンGOのAR機能が活用できることをアピールしていました。


▲2つのnanoSIMスロットとmicroSDスロットを独立して搭載
▲メーカー製のアプリを極力削減し、Google製のアプリを中心とした構成

moto e5

「moto e5」は、モトローラのエントリーライン「eシリーズ」で、日本初投入となるモデル。

発表会で登壇したモトローラ・モビリティ・ジャパン プロダクトマネージャーの島田日登美氏は「このモデルはズバリ、価格で攻めます」とコメントし、税抜で2万円以下とモトローラの製品ラインナップでもずば抜けた安さを武器に、コストパフォーマンスを重視する若年層に訴求する方針を紹介しました。


▲Moto e5

eシリーズは前世代のmoto e4までは、親会社のレノボが開発し、モトローラブランドで販売されていました。一方、今回のmoto e5は上位機種同様に、モトローラが米国・サンフランシスコで構えるラボで設計・開発されたモデルで、チップセットもこれまでのMediaTek製のものからクアルコムのSnapdragonシリーズに切り替えられました。

アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載。ディスプレイサイズは5.7インチで、解像度はHD+です。

背面カメラは1300万画素のシングルカメラで、被写体検出やポートレートモードなどには対応しないシンプルな設計。インカメラにはエントリーモデルにしては珍しいセルフィー用フラッシュを備えています。

チップセットはSnapdragon 425(1.4GHz駆動、クアッドコア)で、メモリは2GB、ストレージは16GB。指紋センサーを背面中央の「M」ロゴの位置に装備しています。なお、ジャイロセンサーは非搭載となっています。

上位機種同様に3キャリアのLTE通信に対応し、DSDSもサポート。最大128GBのmicroSDと2枚のnanoSIMを同時に利用できます。

デザインはgシリーズの前世代モデル「moto G5 Plus」に近く、フラッシュグレーとファインゴールドの2色をラインナップ。バッテリーは上位機種より大容量で4000mAhとなっています。大きさは約154.4×72.2×8.9mm、重さは約173gです。



「moto Z3 Play」は今秋投入へ

moto gシリーズの国内発表会が開催された6月7日、海外では米モトローラよりフラッグシップモデルの新製品「moto Z3 Play」が発表されました。
​​​​
そこで発表会の質疑応答にて、モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長にハイエンドモデルの導入について日本投入について質問したところ、「ハイエンドモデルを来四半期末頃に予定している」とコメント。


▲モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長

その後、モトローラの担当者にも確認したところ、このハイエンドモデルはmoto Z3 Playで、投入は9月頃になる見込みという回答を得られました。

moto Zシリーズはモトローラのフラッグシップシリーズで、拡張デバイス「moto mods」を装着、カメラやプロジェクターなどさまざまな機能を手軽に追加できるというユニークな特徴を備えています。
今回のmoto g/eシリーズとはターゲットが違いますが、ファンが多いシリーズだけに、順調に発売されることを期待したいところです。

謎の"ゆるきゃら"が登場

発表会の最後には、モトローラの「ゆるきゃら」が発表されました。ビールと焼き鳥を抱えたほろよいのおじさんのようなキャラクターで、名前は公開されませんでしたが、どうやらアダモポウロス社長をモチーフにしている模様。

SNSでひっそりと展開したところ支持を受けたため、「モトローラ・モビリティ・ジャパンとして全面的に推していくことにした」(島田氏)とのことです。

217シェア
70
84
0
63

Sponsored Contents