Sponsored Contents

TIPSの最新記事

Image credit:
Save

面倒なパスワード入力から解放される! Safariのパスワード自動保存機能のつかいかた:iPhone Tips

覚えておけば楽になる

神戸紅実子(KUMIKO KAMBE、ゴーズ)
2018年6月6日, 午後05:50 in TIPS
229シェア
20
43
0
166

連載

注目記事


キャリアのサポートページやSNSのマイページにログインするとき、毎回ユーザー名とパスワードを入力するのは面倒なもの。ユーザ名の入力は省略できても、パスワードはログインの度に入力が必要な場合があります。

ブラウザアプリ「Safari」では、設定を変えることで、1度入力したユーザ名とパスワードを記憶し、次回以降の入力を省略できます。ネットサーフィンをサクサク進めたいとき、活用しましょう。

Gallery: Safariでパスワードを自動入力しよう | 6 Photos

6

ユーザ名とパスワードの自動入力をオンにする

まずは、「Safari」の設定を変更します。「設定」を開き、「Safari」をタップしたら、「自動入力」を開きましょう。ここで「ユーザ名とパスワード」のスイッチをオンにしてください。


▲「設定」を開き、「Safari」 「自動入力」の順にタップ(左)。「ユーザ名とパスワード」のスイッチをタップし、「パスコードなしで使用」をタップする(右)

ここでスイッチをオンにすると、保存済みのパスワードを保護するために、パスコードでロックをかけるか聞かれます。「パスコードロックをオンにする」を選択すると、パスワードを入力する際に、あらかじめ設定したパスコードの入力が求められる仕組みです。

ここでは「パスコードなしで使用」を選択しましたが、同じiPhoneを複数の人が使う場合はパスワードをロックしてもよいでしょう。

「Safari」でパスワードを入力・保存する

次に、Safariでウェブサイトのログインページを表示します。ユーザ名とパスワードを入力し、ログイン画面を進めると、「このパスワードを保存してもよろしいですか?」と聞かれるので、「パスワードを保存する」をタップしましょう。


▲ユーザ名とパスワードを入力し、「ログイン」をタップ(左)。「パスワードを保存」をタップする(右)

パスワード入力画面で「パスワード」をタップ

ユーザ名とパスワードを保存したら、再び同じログイン画面を開きましょう。ユーザ名の入力画面をタップすると、キーボードに「パスワード」と表示されるので、これをタップ。次に、入力するパスワードをタップして選択します。


▲ユーザ名の入力欄をタップし、「パスワード」をタップ(左)。入力するパスワードをタップする(右)


▲ユーザ名とパスワードが自動入力された

これで、ログイン画面からワンタップでユーザ名とパスワードを入力できました。なお、ユーザ名とパスワードの入力画面で、パスワードの入力欄をタップすると、キーボードの上部に「このWebサイトのパスワード」という項目が表示されるので、これをタップしましょう。

パスワードを削除する

1度保存したパスワードを削除する方法もご紹介します。まずは、前述の手順で、ユーザ名とパスワードを自動入力します。そのあとキーボード上の「パスワード」をタップ。「保存済みパスワードを消去」という項目が表示されるので、これをタップしましょう。


▲ユーザ名とパスワードを入力したあと、「パスワード」をタップ(左)。「保存済みパスワードを消去」 「パスワードを削除」の順にタップする(右)

関連キーワード: iphone, iphone tips, safari, tips
229シェア
20
43
0
166

Sponsored Contents