Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

業務用だけど一般ユーザーも使いたくなるスマホ「Askey E3」:COMPUTEX

LTE乗せて一般販売してほしい

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2018年6月8日, 午後02:00 in Askey
95シェア
6
32
0
57

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View



COMPUTEX TAIPEI 2018にはプロ向け、業務向けの製品も数多く展示されていますが、その中には一般ユーザーが使いたくなるようなものも数多くあります。Askeyが展示していたこちらのスマートフォンも、その独特なフォルムが気になる製品です。



Askeyは実は通信関連製品を数多く出しているメーカーで、相手先ブランド(ODM)で市場に様々な製品を展開しています。たとえば日本ではKDDIが発売するLTE搭載の1TBのストレージボックス「Qua station」もこのAskeyが製造。COMPUTEX TAIPEI 2018の同社ブースにはオリジナルモデルである黄色いボディーの製品も展示されていました。Askeyはこのようなコンシューマー向けの製品から、企業向けまで幅広い製品開発を行っています。



Askeyは産業用にスマートフォンをいくつか販売しています。製品ブランドは「Turbonet」。家電量販店では見かけませんが、世界中の運送業者や工事現場などで使われているそうです。その最新モデルが六角形のデザインをした「E3」。本体カラーは黒と白の2色が展示されていましたが、顧客の要望に応じて色の変更は自在とのこと。この白い色も病院向けに展開予定だそうです。病院内で看護師さんが持っていても違和感ない色合いです。

主なスペックはチップセットがSnapdragon 210クアッドコア1.1GHz、RAM2GB、ROM16GB。ディスプレイは5インチで1280x720ピクセル。カメラは背面が800万画素、フロントが500万画素。バッテリー容量は2950mAhで、本体サイズは160x80x12.5mm、195g。



スペックとしてはエントリーレベルですが、産業用なので十分なのでしょう。サイズもやや大きめですが、これは強靭なボディ構造のため。本体はMILスペック(810G)に対応、IP67の防水防塵にも対応します。本体側面は堅めのラバー系の素材に追われているので、ちょっと落としたくらいでは破損しそうにありません。

産業用のスマートフォンというと、質実剛健で分厚いサイズの製品をイメージするでしょう。実はAskeyもそのようなデザインのスマートフォンをいくつか販売しています。本体上部にはバーコードリーダーを備え、荷物のラベルのスキャンも簡単。日本でもこの手の製品はよく使われています。



しかしE3はあえてデザインを一般的なスマートフォンに近づけることで、事務用品のように気軽に持ち運べるサイズを実現しました。六角形のデザインも片手でさっと握った時にしっかりとホールドされるという、人間工学に基づいたものなのです。本体の側面は左側のみにボタンをまとめているので操作も手間どいません。側面のにはよく使うアプリや操作を割り当てられるショートカットボタンも配置。配達業務、あるいは患者さんの対応など、忙しい最中でも使いたい機能をすぐに呼び出せます。



ただし残念なことに、E3は通信モデムを搭載していません。つまりWi-Fiのみが利用できるPDAなのです。Turbonetの他の2製品はLTEに対応しているのですが、E3はコストも下げるためや、利用シーンを屋内などに想定しているため、Wi-Fiのみとなったようです。とはいえOSはAndroid 8.0を採用するなど、通信部分以外はなかなかイケている製品です。



なお産業用のバーコードを読み取るハネウェル製のリーダーアプリも搭載しています。コンシューマー向けのQRコードリーダーアプリとは違い、最大3つのバーコードを一度に読めるなど機能は高く、しかもスマートフォンレベルの普通のカメラでも読み取りが可能。このアプリのおかげで本体に大型のバーコードリーダーモジュールを搭載する必要がなくなり、薄型化を実現できたのです。



Computex 2018には華やかな製品が数多く展示されていますが、非一般人向けの製品の中にもこのE3のような面白いものを見つけることができます。E3は通常は一般販売されないものの、国によっては代理店が1台単位で販売することもあるかも。人の持っていないスマートフォン、いやPDAとして2台にちょっと欲しいと思える製品かもしれませんね。

関連キーワード: Askey, computex, computex2018, KDDI, Turbonet
95シェア
6
32
0
57

Sponsored Contents