Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

BlackBerry KEY2発表、日本でも発売へ。デュアルカメラにスピードキー搭載で7万9800円

国内モデルも同時発表!

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年6月8日, 午後01:15 in Android
473シェア
173
179
0
121

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

BlackBerry Mobileは6月7日、ニューヨークでQWERTYキーボードを搭載した新モデル「BlackBerry KEY2」を発表しました。

先代KEYoneと比べると、全体的にデザインがシャープ。ディスプレイ部も全面ガラスとなり、「今風」のデザインになっています。KEYoneでは、あとからスペックアップしたブラックモデルが追加されましたが、KEY2では最初からシルバーとブラックの2モデルがラインナップしています。

Gallery: BlackBerry KEY2 hands-on | 17 Photos

17


ディスプレイサイズは4.5インチ 1620 x 1080で従来から変わりません。アスペクト比3:2は、18:9や19:9が主流になっている今となっては手狭な印象もありますが、動画などのマルチメディアを楽しむ端末ではないので問題はないでしょう。

SoCはSnapdragon 660で、RAMは6GB。ストレージは64GBと128GB。microSDもサポートします。

背面カメラは、BlackBerryとしては初めてのデュアルカメラを搭載。12MP f/1.8(画角79.3°) + 12MP f/2.6(画角50°)の構成で、被写体の背景をぼかすポートレートモードにも対応します。なお、フロント側は8MP。



BlackBerryと言えば、やはりキーボードですが、ティザーでもアピールされていた謎キーは、BlackBerry
が「スピードキー」と呼ぶファンクションキーでした。


スピードキーと他のキーの組み合わせでアプリの起動やWiFiのON/OFFといった設定が可能なもの。これまでもBlackBerryランチャーを使用すると各キーにアプリの起動などのショートカットを割り当てられましたが、スピードキーを使うとホーム画面に戻らずともショートカットが利用可能になります。



その他の仕様としては、バッテリー容量は3500mAh。最大2日間は使用可能とのこと。USB PD 2.0とQC3.0に対応しています。

なお、すでに日本国内でも発表されており、ストレージ64GBのシルバーが7万9800円(税込)、128GBのブラックが8万9800円(税込)。なお、グローバルモデルでは12MP+12MPとなっていますが、国内モデルでは12MP+13MPと若干仕様が変わっています。また、シルバーモデルはデュアルSIM仕様、ブラックモデルはシングルSIM。

18バンド対応で、auを含む3大キャリアに対応するとのことです。

発売時期は不明ですが、英国では6月末に発売になるとのこと。日本でも6月末~7月の発売を期待したいところです。

473シェア
173
179
0
121

Sponsored Contents