Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

タッチスクリーン搭載Macの予定は「No.」。アップル幹部が否定的な見解を述べる

タッチスクリーンは腕が疲れるそうです

Kiyoshi Tane
2018年6月9日, 午後05:00 in Apple
185シェア
33
97
0
55

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

アップルのソフトウェアエンジニア担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏が、たびたび噂されているタッチスクリーン搭載Macの登場について否定的な見解を述べたことが報じられています。

WWDC 2018にて発表されたiOSとmacOSのクロスプラットフォーム開発環境。手短に言えば「iOSアプリをmacOS上でそのまま動作、ないし移植しやすい開発フレームワークの提供」という趣旨でした。

やはり気になるのが、iOS端末との最大の違いである「タッチスクリーン」がMacにも来るのか?ということ。この疑問に対して、iOSとmacOS担当の幹部から「No.」が回答されたかっこうです。

米WIREDのインタビューにて、フェデリギ氏はiOSアプリをMacに移行するためのフレームーワークは2年前から準備が進められていると明かし、技術的な詳細をいくつか明らかにしました。

iOSとmacOは基本的にカーネル、グラフィックやオーディオ、レイアウト表示などのフレームワークセットも共通しているものの、最たる違いはユーザーインターフェース周りのUIKit。このUIKitはiOS用に開発されたもので、マウスやキーボードといったMac操作には対応せず。
UIKit
新macOSのMojaveではUIKitが開発環境に取り込まれ、たとえばiOSの長押し操作がMac上で2本指タップに変換されたりと、特定の操作UIについては自動的に置き換えられるとのこと。もっとも、メニューやサイドバー周りの調整など、手作業が必要な部分もあるかもしれないと述べられています。

そして本題とも言える質問。macOS上に移行するiOSアプリは、タッチスクリーン搭載Macの自然な布石になるのでは?と記者が尋ねると、フェデリギ氏は「それはない」と言い、今後もその予定はないと回答。

フェデリギ氏は「Macを使う人間工学は、手をキーボード上に置くことを前提としてます。わざわざ腕を持ち上げてスクリーンを突くのは疲れますよね」と述べた上で、すでに市場に流通したタッチスクリーン搭載PCを「実験的」と呼び、魅力的ではないと付け加えています。

最近アップルはmacOSとiOSを統合したARMベースのタッチスクリーン搭載MacBookを開発中との噂も報じられましたが、完全否定されたようです。

もっとも、過去にスティーブ・ジョブズ氏が7インチタブレットに付き「作るつもりはない。あれは良い製品とは思えない」と言った後年に7.9インチのiPad miniがリリースされた前例もあるので、タッチスクリーンMac待望の人たちは腕を鍛えながら気長に待つのがいいかもしれません。

Source: WIRED
関連キーワード: apple, CraigFederighi, ios, mac, MacOs
185シェア
33
97
0
55

Sponsored Contents