Sponsored Contents

Gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

イーロン・マスクの火炎放射器、近隣の予約者にまず1000台引き渡し。配送早めるため品名変更も

🔥(非)火炎放射器🔥

Munenori Taniguchi
2018年6月11日, 午後12:30 in Gadgetry
144シェア
34
71
0
39

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View
ロサンゼルスに新地下交通システムを構築しようとしているイーロン・マスクが、予約完売していた「火炎放射器」を予約者に引き渡しはじめました。すでに2万台のうち最初の1000台の予約者がThe Boring Companyに出向いて火炎放射器を受け取り、記念撮影用の壁の前でヒャッハーしています。


イーロン・マスクは5月に開催したThe Boring Companyのイベントで火炎放射器の発送開始時期をあきらかにしていました。しかし可燃物を含む商品の性質上、一般的な配送業者での配送ができないこともあり、予定は遅れている模様です。

6月10日、イーロン・マスクは火炎放射器の引き渡しをはじめたというツイートに続いて、この商品の名称を「Not a Flamethlower(非火炎放射器)」に改めたことを明らかにしました。理由は「Flamethlowerという品名のせいで運搬に関する様々な規制を受けるから」だそう。もちろんそれだけで法律上の手続きが簡素化して納期が早まるとも思えませんが、いかにもジョーク好きのイーロン・マスクらしい話です。





そろそろ予約受け付けを開始した頃の売り文句にも言われていたBBQのシーズン。全米に散らばる(非)火炎放射器予約者たちが、シーズン内に無事に商品を受け取れるのかが、少し心配です。

I am a maniac 🔥 #notaflamethrower #firefirefire

Ashley Esquedaさん(@msashleyesqueda)がシェアした投稿 -



144シェア
34
71
0
39

Sponsored Contents