Sponsored Contents

catの最新記事

Image credit:
Save

ネコの「尿」を測るトイレ、シャープが7月発売。ペット事業参入第一弾

「腎不全を克服すれば、飼い猫の平均寿命を5歳ほど伸ばせる」

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年6月11日, 午前11:35 in Cat
1099シェア
349
669
0
81

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


飼いネコがトイレに行くたびに、尿の量や体重を自動計測する。そんな「ペットケアモニター<HN-PC001>」をシャープが7月30日に発売します。

本体価格は2万4800円で、サービス利用料として月300円が別途必要となります。(いずれも税別)


●最大3匹までの多頭飼いに対応

同製品は、シャープがペット事業参入第一弾として投入するもの。飼いネコの「尿の量」「尿の回数」「体重」「トイレの滞在時間」「室温」を自動計測し、クラウドに自動送信することができます。

ユーザーは、スマホアプリ「COCORO PET」を通じて「おしっこの量は60g」「トイレに何分間いた」などの情報を確認可能。別売りの個体識別バッジを用いて、最大3頭までの多頭飼いにも対応します。

また、計測したデータは独自の「異変検知アルゴリズム」(AI)で解析。これは鳥取大学との共同研究によるもので、尿量が多い・尿量が少ない・滞在時間が長いなどの"異変"を検知した場合に、スマホアプリにその内容を通知してくれます。





●「腎不全を克服すれば、飼いネコの平均寿命を5歳ほど伸ばせる」

なぜ「尿」にフォーカスしたのか。鳥取大学農学部の岡本芳晴教授は、飼いネコの死因の第2位が「腎不全」であることを挙げ、さらに『腎不全を克服すれば、今の飼いネコの平均寿命を5歳ほど伸ばせる』と説明します。

『ネコはもともと砂漠での生活のため、少ない水で上手に生きてきました。尿をできるだけ濃くして必要な水分を蓄えており、腎臓にかなりの負担がかかります。それが昨今の長寿化に伴って、腎臓や泌尿器に関する問題が顕在化しつつあるんです』(鳥取大学・岡本氏)

なおシャープは同製品について『疾病を診断できるものではない』としつつも、『異常を検知したら早く病院に連れて行ってほしい』(岡本氏)と語ります。

●ペット事業は「大きく発展できると信じている」

このほか、シャープはペット事業参入第一弾として「犬向けバイタル計測サービス」も発表。こちらはペット事業者・研究機関向けで、7月1日よりサービスを開始します。





ペット事業の今後についてシャープは『サービスと商品を一体的に提供するなかで、今後大きく発展できると信じている』(IoT事業本部)とコメント。海外展開についても『シャープブランドの認知度の高い市場で展開することを検討している』(同)としています。

Source: SHARP
関連キーワード: cat, pet, SHARP
1099シェア
349
669
0
81

Sponsored Contents