Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

ROG Phoneはゲームスマホじゃない、合体スマホの未来の姿だ:山根博士のスマホよもやま話

ZenFoneも2画面で使いたい!ドックのアクセサリを出してほしい

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2018年6月12日, 午後12:30 in smartphone
202シェア
26
96
0
80

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

COMPUTEX TAIPEI2018の新製品の中で、大きな話題をさらっていったのがASUSのゲーミングスマートフォン、ROG Phoneでした。スペックもさることながら豊富なアタッチメントにより様々な形態に変化するROG Phoneは合体式スマートフォンのこれからの在り方を見せてくれました。



合体式スマートフォンは数々の製品が出てきましたが、成功したのは唯一、モトローラのmoto modsのみ。世界初の携帯電話を開発した会社だけに、様々なノウハウが社内にあるからこそ合体式スマートフォンも難なく軌道に乗せています。とはいえ背面に貼り付ける方法では、合体させるモジュールのサイズにどうしても制限が生まれてしまいます。ちょっとした小さいものや超大型のモジュールはやや開発しにくいところでしょう。



ROG Phoneはその問題をUSB Type-C端子を2つ並べることで解決しました。端子一つでは強度に不安がありますが、2つ使うことで端子部分にかかる力を分散させることができます。このデュアル端子を使って接続できるアクセサリの展開は、ROG Phoneだけではなく将来のZenFoneへの応用も期待できます。



つまり次のZenFoneシリーズや上位モデルにも、側面にType-C端子を2つ並べたモデルを投入し、拡張アクセサリを展開する可能性も期待できるわけです。例えばROG Phoneを2画面化してしまうTwinView Dockを縦に使えば、ZTEやNECの2画面スマートフォンのように使うことができます。TwinView Dockはバッテリーやトリガーを内蔵するためサイズは大きめですが、これをスマートフォンサイズの薄さにすることも可能でしょう。実際にCOMPUTEX TAIPEI2018の会場で縦にしてみましたが、サイズはさておきこの使い方は十分ありと思いました。



またTwinView Dockもドローンの操縦に使うなど、2つの画面を活用できるアプリケーションがあれば使い勝手も高そう。ROG Phoneの発表時にこのTwinView Dockをゲームだけに使うのはもったいないと思ったのは筆者だけではないでしょう。個人的にはこのサイズをあえて逆手にとって、プロジェクターを内蔵した製品も出してほしいです。



本体に付属するとアナウンスされたReroactive Coolerはmoto modsにはない、小型の周辺機器となります。このサイズのクリップ形状のアクセサリは、たとえば360度カメラやサー類など様々なものの応用展開が可能でしょう。ZenFoneシリーズの派生モデルとしてROG Phoneと同じサイズのものをすぐにでも出してもらい、ROG Phoneのアクセサリをすぐにでも試してみたいものです。



そしてMobile Desktop DockにROG Phoneを乗せてモニタやキーボードを接続すれば、もはやこれはスマートフォンではなく簡易PC環境そのもの。拡張性はGalaxy S9などで使えるDeX Padどころではなく、HDMIにそのまま出力できるファーウェイの上位モデルもこれには敵いません。Mobile Desktop DockこそZenFoneのこれからに必要な周辺機器でしょうね。



ROG Phoneには専用のカバーも用意されますが、本体をがっちり守りつつも背面のカメラや放熱スリット部分を開けることで操作性はスポイルされていません。本体が厚くはなるものの、しっかりと衝撃から守ってくれるでしょう。この手のケースは純正品であればこそ、デザインもフィットし安心感ももたらしてくれます。



ZenFoneはスタイリッシュな製品を目指しているのかもしれませんが、Galaxy S9にはリモワのスーツケースを思わせる、Protective Standing Coverが別売されています。ユーザーのスマートフォンの使い方は千差万別です。ZenFoneシリーズにもハードでタフなケースを純正品としてぜひ出すべきでしょう。



ROG Phoneを実際に触ってみて、ASUSのスマートフォンにはまだまだ可能性があると感じられました。ZenシリーズとROGは別のブランドとはいえ、ROG Phoneの楽しい世界感はぜひともZenFoneへフィードバックしてほしいもの。合体できるZenFoneの登場を、多くの人が待っているのです。

関連キーワード: gaming, MotoMods, ROG, rogphone, smartphone, zenfone
202シェア
26
96
0
80

Sponsored Contents