Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

App Storeで仮想通貨マイニング機能が禁止。バッテリーの消耗やデバイスに過度の負担が理由か

モバイル端末には荷が重いですしね

Kiyoshi Tane
2018年6月12日, 午後02:00 in apple
127シェア
7
76
0
44

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


アップルのApp StoreのガイドラインがWWDC 2018開催中に改訂され、アプリ内での仮想通貨マイニングが禁止されたことが明らかとなりました。

仮想通貨についてのガイドライン改訂は数点あり、デバイスのリソース浪費禁止から仮想通貨ウォレットアプリの開発者資格にいたるまで、きめ細かな規制が追加されています。

加筆が確認されたガイドラインは、1つには2.4「ハードウェア互換性」における一文。「アプリは、その中に表示されるサードパーティ広告を含めて、仮想通貨マイニングなど、無関係のバックグラウンドプロセスを実行してはならない」という記述です。

このくだりは「効率的にアプリケーションを設計すること。急速にバッテリーを消耗させたり、過度の熱を発生させたり、デバイスリソースに不要な負担をかけてはならない」に続くもの。つまり仮想通貨マイニングは過負荷によりデバイスのリソースを浪費するから、といった理由が読み取れます。

さらに3.1「支払い」内で3.1.5(b)仮想通貨の(ii)マイニング項目においては「デバイス外の処理(クラウドベース採掘など)を除いて、アプリで仮想通貨を採掘してはならない」と記載。二重に採掘禁止を課しているかたちです。

ほか、組織として登録されている開発者に限り、仮想通貨ウォレットアプリは許可する(3.1.5(b)の(i)ウォレット)との記述もあり。仮想通貨での支払いは認めるものの、よりアプリ開発者の資格を厳格化しています。

2018年3月にも、MacApp Storeで「プレミアム機能を無料で開放する代わりに仮想通貨マイニングのバックグラウンド実行」アプリが当初想定したCPU使用率10~20%を大きく超えて200%に達していた報告もあり、いったん取り下げられてマイニング機能削除版が再公開された一件もありました。

仮想通貨マイニングはGPUスロット20基のマザーボードが登場するほどCPUのリソースを大量消費するもの。iPhoneやiPadなどモバイル機器には負荷が高すぎるため、禁止もやむを得ないかもしれません。

Source: Apple
関連キーワード: apple, AppStore, cryptocurrency, ios, MacOs
127シェア
7
76
0
44

Sponsored Contents