Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

「工場夜景萌え〜」を自宅で楽しめるって、一体どういうこと?:東京おもちゃショー(動画)

マニア度高め

わっき(Digital Wackys), @d_wackys
2018年6月12日, 午後06:00 in gadgetry
67シェア
13
54
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Engadget 日本版YouTubeチャンネルより。

ガジェット好きの皆さんの中には「工場夜景萌え〜♪」って方も多いのではないでしょうか。僕も写真を撮りたいと思うんですけど、なかなか敷居の高い趣味かもしれませんよね...。

そんなあなたへ、東京おもちゃショーで見つけてきた2つの商品を使えば、自宅に居ながらにして工場夜景遊びが楽しめそうです。






まずひとつ目の商品はワイヤレス電源供給システム「X-BASE(クロスベース)」と、同システムに対応したワイヤレスLEDのシステム。スマホなどのワイヤレス充電と同じ原理で、L字型のテーブル内に磁界を発生させ、コイルの巻かれたLEDをワイヤレスで共鳴発光させることができます。

ロボットや車のプラモデルで使用するのがイメージしやすいと思うのですが、ワイヤレスLEDは防水なので水槽内のイルミネーションにも使用できます。



もうひとつの商品は配管資材メーカーが作った配管の形をしたブロック「Tublock(チューブロック)」です。簡単に作れるキットもあるのですが、チューブ型のブロックということで注目したのが「プラントセット」。自分好みの工場の複雑な配管を作り出すことができます。ブロックですからパーツを追加し大きくしたり、ゼロから組み直し何度も楽しむことができますよね。

こうして作り上げたプラントの配管に照明を組み込もうと思っても、配線などはとても大変な作業になりますよね...。僕なら重い腰が上がりそうにありません...。

それもX-BASEのワイヤレスLEDを使えば超簡単!LED自体は超軽量なので両面テープで接着するだけでも大丈夫。これなら複雑な配管も簡単にライトアップできます。



卓上工場夜景、そんな楽しみは方いかがでしょうか。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: gadgetry, movie, photography, toy
67シェア
13
54
0

Sponsored Contents