Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

「女性向け」うたう完全無線イヤホン、1万円切りで6月29日発売

完全無線イヤホンデビューにも最適

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年6月13日, 午後02:00 in AV
113シェア
10
45
0
58

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

気づけば街中でよく見かけるようになり、すっかり市民権を得た感のある完全無線イヤホン。近頃は、むしろ従来型のイヤホンに「なんでケーブルが生えているの?」と違和感を感じるほどです。

そんな完全無線イヤホンに「女性向け」をうたうモデルが登場しました。SoftBank SELECTIONが「GLIDiC Sound Air TW-5000」の新色「シャンパンゴールド」として発売する本製品の価格は税込9840円。6月29日よりSoftBank SELECTION取扱店、および同オンラインショップで販売されます。


本製品、既存製品の単なる新色追加なのですが、「女性向け」の由来はカラーリング。充電ケースの色合いについて、化粧ポーチに入れても違和感がないとアピールします。ソニーの「Xperia Ear Duo」も同じような色合いの「ゴールド」モデルがありますが、充電ケースは「ブラック」の1色のみ。化粧ポーチに入れるにはやや無骨な印象がありました。

また、本体には小型マイクを搭載し、音楽再生だけでなくハンズフリー通話も可能。また左右のマルチボタンのみで曲の再生や停止、曲送りや曲戻し、通話時の応答や終話操作も行えます。

連続再生時間は3時間。充電ケースを活用することで、最大10時間の音楽再生が可能。充電時間はイヤホン本体が約1.5時間、ケースが約2時間です。



いざ視聴してみると、低価格の密閉式イヤホンにありがちな『音の籠もり』が少なく、9000円という価格相応の音質です。なお、他の安価機にありがちな「音声ガイドが英語」ということもなく、すべて日本語化されているのも安心です。完全無線イヤホンとしては低価格なので、完全無線イヤホンデビューとしても最適なモデルと言えそうです。

113シェア
10
45
0
58

Sponsored Contents