Sponsored Contents

rumorの最新記事

Image credit:
Save

次世代Xbox『Scarlett (スカーレット)』は2020年発売?複数の製品が開発中

Xbox Oneから7年

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年6月14日, 午前06:01 in Rumor
149シェア
10
93
0
46

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


マイクロソフトが開発中の次世代 Xbox は、再来年2020年にも登場するかもしれません。

マイクロソフトのインサイダー情報でおなじみ Thurrott.com の Brad Sams氏らが伝えるところによれば、次世代 Xbox 製品群の開発コードネームは「Scarlett」(スカーレット)。

単一のゲーム機ではなく「製品ファミリー」に対するコードネームで、予定では2020年発売とされています。

マイクロソフトのゲーム事業責任者フィル・スペンサー氏は、先日開催されたE3 2018発表会のなかで、昨年のXbox One X を手がけたハードウェア開発チームがすでに新しい Xbox ゲーム機の設計を進めていることを明らかにしています。


次世代ゲーム機の予告といえば、現行機の買い控えを避けるためギリギリまで避けつつ、ライバルを牽制するタイミングでここぞと狙いすました情報を公開するのが慣例です。

しかしスペンサーの「次世代Xbox開発予告」は具体的な内容も発売時期もコードネームもなく、すでに着々と進めています、とのみ言及する異例の告知でした。

これは自社の大型タイトルをすべてXboxとWindows 10のマルチ展開にしたり、スマホでもゲーム専用機級のゲームができるストリーミングゲームサービスを発表したことで、「なるほどマイクロソフトはゲーム専用機ビジネスから手を引くのだな」と解釈されることを避けるためだったと考えられます。

今回のうわさは、この開発中の次世代Xboxに関する内容です。まず『Scarlett』は、単一のゲーム機ではなく「製品ファミリー」に対する開発コードネームとされています。

この「ファミリー」がどのような意味なのかはまだ不明。スペンサーの予告では「Xbox Consoles」と複数形で表現されていたことと一致しますが、たとえば現行のXbox One S と Xbox One X のように安い普及機と高価で高性能でニッチな上位機種という組み合わせなのかも不明。

あるいは性能ではなく何らかの機能・デバイスを備えたものとそうでないものなのか、あるいはXboxブランドでモバイルな製品が出てくるのか、はたまたMR (Mixed Reality)との関係は等々、いくらでも妄想の余地はあります。

目標の発売時期とされるのは2020年。史上最高性能ゲーム機ことXbox One X は昨年発売されたばかりのため、非常に早いような気もしますが、Xbox One X は(いまのところ)専用ソフトがない、同一世代での上位機種です。

同じフォーマットの Xbox One の発売から数えれば、2020年は7年目。ソニーもマイクロソフトも、中継ぎの上位機種を投入するにあたって「従来のゲーム機の世代の考え方を変える」といったことを語っていましたが、7年であればPS3からPS4、Xbox 360からXbox Oneとほぼ同じ間隔です。

ついでにいえば、初代Xbox は2001年発売。Xbox360は2005年で4年しか空いていません。これはマイクロソフト初の家庭用ゲーム機であった初代に早々に見切りをつけて、次世代機 Xbox 360 をライバルより1年早く投入する戦略だったため。

マイクロソフトにとってXbox One世代は台数競争でいえば世界累計でPS4にダブルスコアに近い差をつけられる散々な結果になっているため、ゲーム事業全体からみたゲーム専用機の位置づけを見直したうえで、仕切り直しをしたいと考えて不思議はありません。

昨年のXbox One X は、2013年発売のXbox Oneと同じゲームがより高精細に滑らかになる「だけ」ではありますが、Xbox伝統の巨大な外付け電源ユニットを廃して内蔵にしたうえで歴代最小の体積に収め、初代の数倍高性能にもかかわらず熱設計に優れ排気ノイズが歴然と低いなど、ハードウェア設計としてみれば新たな世代を感じさせる製品でした。同じチームがもっと自由な環境で作るデバイスがどんなものになるのか、いまから期待したくなります。

新型ゲーム機の登場に際して心配になるのは、これまで購入したゲームや周辺機器などが使えなくなること。しかしマイクロソフトは初代XboxやXbox 360ゲームとの互換に力を入れるなど、過去の資産が無駄にならない環境へと切り替えることを強調してきました。次の世代がXbox One完全互換かつ新しい要素を加えたものになるのか、ここも注目ポイントのひとつです。



Source: Thurrott
関連キーワード: rumor, scarlett, xbox, xboxone
149シェア
10
93
0
46

Sponsored Contents