Sponsored Contents

AQUOSの最新記事

Image credit:
Save

AQUOS初のSIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus」は6/22発売

GRAMASからFrosted UI対応ケースも登場

ACCN, @ACCN
2018年6月14日, 午後03:40 in AQUOS
60シェア
0
60
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

シャープは、AQUOSとして初となるSIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus(SH-M07)」を6月22日に発売します。5.5インチ(2160×1080ドット)IGZO液晶を搭載、CPUはSnapdragon 630に独自チューニングを施しており、ミドルレンジながらサクサク動き、さらに防水、おサイフにも対応しています。

シャープからの価格は未公表ですが、ヨドバシカメラとビックカメラでは既に予約を受け付けており、価格は両店とも4万8470円(税込)です。

ほか、以前シャープ製スマホに搭載されていたのぞき見防止機能「ベールビュー」が復活。専用の保護フィルムを買わなくても、設定でワンタッチでモードを変更でき、不要なときな見やすい画面に戻せるのはうれしい。



また、ケースを用いた機能、Frosted UIがサードパーティ製にも開放されており、GRAMASからさっそく対応ケースが発表されました。価格は4000円。



素材には傷が目立ちにくいサフィアーノ調の合成皮革(PUレザー)が用いられています。



カバーをすると画面が曇り、指でこすると曇りが消える(放っておくとまた曇る)ので、こっそり通知だけを見たりといったことが可能です。



シャープ純正のケースよりもオシャレでいいかも? 発売は1日早い6月21日です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

60シェア
0
60
0
0

Sponsored Contents