Sponsored Contents

galaxyの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy S10(仮)はディスプレイ振動式スピーカーを搭載か

これが未来のスマホのスタンダード?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年6月15日, 午後06:00 in Galaxy
61シェア
6
55
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


サムスンがディスプレイにスピーカーを内蔵したスマートフォンを来年リリースすることが、韓国紙によって指摘されています。これにより、新型Galaxyスマートフォン(Galaxy S10?)ではその本体デザインが変化することが予測されているのです。

韓国電子新聞のetnewsは、サムスンとLGディスプレイがトランスミッターをなくしたフルスクリーン有機ELディスプレイを開発しており、来年には製品化を目指していると報じています。まさサムスンは先月にその試作品「サウンドディスプレイ」を披露しており、LGを一歩リードしているようです。



このサウンドディスプレイはその名前のとおり、パネルにアクチュエーターが搭載され振動することでサウンドを再生します。音を聞くには耳を近づける必要がありますが、逆に耳や頭にくっつけて「骨伝導イヤホン」のように音を聞くこともできるそう。またLGディスプレイも、TV製品にて画面振動による音楽再生「クリスタルサウンド」を実用化しており、スマートフォン向けの技術開発をすすめています。

このようにディスプレイの振動を利用したスマートフォンには、中国Vivoが先日発表した「Vivo NEX」があります。これはポップアップ式フロントカメラを採用することで「ノッチ」を排除し、全画面ディスプレイを実現した端末ですが、スピーカーのディスプレイへの埋め込みもそのデザインに一役買っています。

サムスンのスマートフォンにはディスプレイ上部にカメラやスピーカーを搭載したベゼルが存在しますが、開発中のサウンドディスプレイを採用すれば、新型Galaxyからベゼルが完全に排除できる可能性もあります。フロントカメラの置き場所をどうするかという問題は残りますが、よりデザインの自由度が上がることは間違いないでしょう。

この技術が来年1月の投入が予測されている「Galaxy S10(仮称)」に投入されるかどうか、今から楽しみです。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: etnwes
関連キーワード: galaxy, Galaxy S10, Samsung, smartphone
61シェア
6
55
0

Sponsored Contents