Sponsored Contents

AppStoreの最新記事

Image credit:
Save

iOS用Steam Link最新ベータ版からゲーム直接購入が削除。正式リリースも近い?

「ビジネス上の競合」を取り除いたようです

Kiyoshi Tane
2018年6月16日, 午後05:00 in Appstore
108シェア
0
108
0
0

連載

注目記事


PC用ゲームプラットフォームSteamをストリーミングしてスマートフォン上で遊べるアプリ「Steam Link」。そのiOS版がApp Storeに一度は承認拒否されましたが、最新のベータ版ではゲームを直接購入する機能が取り除かれたことが報じられています。

一見して不便に思えますが、アップルのいう「様々なガイドラインに違反」との拒否理由に対応しているもの。また一歩、App Storeでの正式リリースに近づいたのかもしれません。

iOS版のSteam Linkがはじめ承認の見込みから、一転してアップルが「ビジネス上の理由」により取り下げ。その後に同社のフィル・シラー上級副社長からリジェクトの理由および「ストアのガイドラインに沿う形で」リリースに向けて協力していく旨を複数のユーザーに回答したいきさつは、先日お伝えしたとおりです。

これを受けてSteamを運営しているValve社は、Steam Linkアプリの仕様を大きく変更。米ゲーム系メディアTouch Arcade(アップル関連情報サイトMacRumorsの姉妹メディア)編集長によれば、Testflight(テストユーザーへの配信)の最新ベータ版では、アプリ内で直接ゲームを購入する機能が取り除かれているとのこと。
Steam
公開されたスクリーンショットでは、本来はショップにあるはずの購入リンクが「Available to purchase from your PC(あなたのPCから買えます」)とのメッセージに差し替えられています。
Steam

その一方で、すでにSteamウォレットにチャージしている残高を使えば、問題なくゲーム入手はできたとのこと。要は「アプリ内でお金を支払う」行為のみを塞いでいるわけです。

こうした修正は、アップルの新たなガイドラインに寄り添ったもの。同社はWWDC開催中にApp Storeのガイドラインを改訂しており、SteamLinkのようなLANベースのリモートデスクトップアプリにつき許可される条件をより明確にしています。

具体的には、ガイドライン4.2.7(d)にある以下のくだり。

クライアントに表示されるUIは、iOSやApp Storeのビューに似せることは禁止されています。ストアのようなインターフェイスや、ユーザーが所有ないしライセンスを持つ以外のソフトを閲覧、選択、ないし購入できてもいけません。

アップルも、「様々なガイドライン」の基準が不明確だという批判に応えたとも思われます。

一応はアプリ内で支払いが発生してないとはいえ、ウォレット残高による「所有ないしライセンスを持たない」ソフト入手の道が残されていることがどう審査されるのか懸念も残りますが、iOS機器やApple TVユーザーがSteamゲームのリモートプレイを楽しめる日も遠くないかもしれません。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Macrumors
Source: Toucharcade
関連キーワード: AppStore, gaming, ios, remote desktop, steam, valve
108シェア
0
108
0
0

Sponsored Contents