Sponsored Contents

facebookの最新記事

Image credit:
Save

大阪地震、被災地にFacebookを使って募金する方法(世永玲生)

支援活動が可能な団体に助成金が優先的に配分される取り組みです。

世永玲生(Reo Yonaga)
2018年6月18日, 午後06:45 in facebook
130シェア
44
48
0
38

連載

注目記事



大阪府北部で18日午前7時58分ごろ発生した地震。
亡くなられた方々と、その御遺族に対し深く哀悼の意を表しますとともに、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。

さて、この度「大阪北部地震への募金受付」をFacebookがサービス上で行っております。

これは、「GolobalGiving」という台湾の花蓮市の地震の際にも利用された、影響を受けた地域の信頼できる非営利団体にへの助成金に対して、Facebookユーザーが募金できる取り組みです。

「GolobalGiving」って何?

募金は善意でするもので、見返りを求めるもんではないのですが、やはりどういったことに使われるのか、被災地に直接届くのかは気になる所ですよね。



以下が重要と思われる項目です。

・GlobalGivingは影響を受けた地域の信頼できる非営利団体に対する助成金としてこの資金を活用します。
・この特定の災害に対する支援活動が可能な団体に助成金が優先的に配分されます。
・Facebookはニュースフィードのお知らせやGlobalGivingのFacebookページで行われた寄付から手数料を徴収することはありません。

僕は、信頼できると判断しましたのでこちらから寄付をいたしました。

どうやって寄付するの?

寄付をする方法は2つあります。



1つは、友人が寄付をした際にTLへされる投稿から「寄付する」ボタンを押す方法です。



すると、支払い方法を選び、メッセージを入力する画面が表示されるので、必要な項目を入力し「寄付する」をクリックします。



すると、このようにタイムラインにフレンドへの寄付を呼びかける投稿がなされます。

よく読んでなかったので、「寄付した理由」欄には「寄付した理由」をストレートに書いてしまいましたが、ここにはその投稿をみた友人が寄付をしたくなるようなメッセージを入れる場所だったようです。

さて、困った時にはお互い様、やらない善よりやる偽善。
シェアでも、いいねでも、現地への応援メッセージでも、寄付でも、皆さんが出来る範囲の支援が届き、一日も早い復興がなされることを心から祈っております。

日本、大阪府北部で地震(災害支援ハブ)ページ

関連キーワード: earthquake, facebook, globalgiving, osaka
130シェア
44
48
0
38

Sponsored Contents