Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

iPhone SE2(仮称)は2018年中には出ない?大手ケースメーカーが情報漏らす

2019年に希望を繋げたいところ…

Kiyoshi Tane
2018年6月20日, 午後12:40 in Mobile
110シェア
0
60
0
50

連載

注目記事


2016年に発売されたiPhone SEの後継機、俗にいうiPhone SE2(仮称)が少なくとも2018年中には出ない可能性があるとの噂が報じられています。

その情報源とされているのが、海外の大手スマートフォン用ケースメーカーのOlixar。同社は2018年中に発売されるiPhoneのサイズをリークしたとされますが、その中にはiPhone SEサイズである5インチの姿はなし。

米経済誌のForbesは複数のリーク情報と合わせて、アップルがiPhone SE2を2018年中に発売する予定をキャンセルしたと結論づけています。

今回の情報リーク元であるOlixarは、先日もiPhone SE2のものと称する図面を公開。実際に「2018年型のiPhone SE」用スクリーンプロテクターを予約受付中です。つまり噂の火元の一つが、自ら火を消したかたちとなります。

Olixarはスマートフォンのリーク情報には数々の実績があり、この2年間でiPhone XGalaxy S9Galaxy Note 8Galaxy Note 7iPhone 7の正確なデザインを事前リークしたことで知られています。

ちなみにOlixarが新たにリークしたという2018年の新型iPhoneサイズは、以下の通り。

  • iPhone Xの後継機 - 143.6 x 70.9 mm(5.65 x 2.79インチ)
  • 廉価版 iPhone X - 147.12 x 71.52 mm(5.79 x 2.81インチ)
  • iPhone X Plus - 157.2 x 77.1 mm(6.18 x 3.03インチ)
iPhone SE2については、WWDC 2018で登場するのでは?との期待が高まっていました。たとえばEEC(ユーラシア経済委員会)のデータベースに登録された情報からの推測、有名リーカーやフランスの大手広告代理店の資料に「iPhone SE2」「6月15日」の記述があったとのツイートなど

フタを開ければ、WWDC 2018ではiPhone SE2どころか新ハードの発表は一切なし。が、これだけの事前情報が飛び交ったことは、裏返せば「急きょ、アップルが発売をキャンセルした」との可能性が読み取れなくもありません。

年々大型化する傾向のあるiPhoneを前に、片手で扱いやすいiPhone SEサイズを期待していた人たちには残念な噂ですが、あくまで否定されたのは「2018年中の発売」。2019年中に発売されるとの希望を残してもいいのかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Forbes
関連キーワード: apple, iphone, iphonese2, Mobile, smartphone
110シェア
0
60
0
50

Sponsored Contents