Sponsored Contents

airpodsの最新記事

Image credit:
Save

アップルのワイヤレス充電器AirPower、9月頃に発売?バグ除去に取り組んでいるとのうわさ

iPhoneとApple Watch、AirPods同時充電は楽しみ

Kiyoshi Tane
2018年6月22日, 午後02:00 in Airpods
129シェア
9
70
0
50

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

2017年のイベントにて発表されたものの、発売について続報がないアップルのワイヤレス充電器「AirPower」。開発陣は2018年6月までに発売を目指していたものの、その後に9月前ないし9月中に予定を変更したとのうわさが報じられています。

発売が遅れている理由は、AirPowerが目標としている高機能が前例がなく、技術的な困難によるとのこと。アップル広報担当は、この件につきコメントを拒否していると伝えられています。

AirPower
ワイヤレス充電マットのAirPowerは、2017年9月にアップルのスペシャルイベントにて発表。「来年に発売」と告知されていたものの、これまでに具体的な発売日は公表されていません。iPhone XとiPhone 8のワイヤレス充電につき、アップルが他社のMophieやBelkinの充電機器を推奨していたのは、今思えば異例なことでした。

米Bloombergによれば、AirPowerの開発陣は2つの問題に取り組んできたとのこと。一つは、ワイヤレス充電器の加熱について。もう一つは、開発事情に精通している情報筋の話では回路の複雑さだとされています。

一般のワイヤレス充電器と違い、AirPowerはiPhone、Apple Watch、AirPodsという3つのデバイスを同時に充電できるように設計されています。さらに、充電マットのどこにデバイスを置いても充電が始まるようにしたい......という野心的な目標のためには、複数の充電センサーを搭載しなければならないとのこと。

こうしたカスタム充電技術を、一般的なワイヤレス給電規格のQiと統合する必要があるため、よりハードルは上がっているようです。

AirPowerには、iOSの下位バージョンを実行するためのアップル製カスタムチップを搭載し、デバイスの電力管理およびペアリングを行うため、他社の競合製品よりも高度なもの。アップルの技術者は、ファームウェアのバグを見つけるよう努力していると伝えられています。

iPhone Xなど主力製品がワイヤレス充電に対応していながら、アップル公式のワイヤレス充電器が半年以上も出ていなかったのは戸惑いを覚えること。ようやく「発売に向けて開発努力している」との噂が流れてきたのに胸をなでおろしつつ、完成度の高い製品の登場を待ちたいものです。

Source: Bloomberg
129シェア
9
70
0
50

Sponsored Contents