Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:
Save

「OK Google」連呼不要に。Googleアシスタントが『続けて会話』機能に対応

現時点で英語版のみ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年6月22日, 午後04:00 in ai
149シェア
0
149
0
0

連載

注目記事


とても便利なスマートスピーカーですが、付いて回るのがいちいち「OK Google」や「Hey Google」と言わなければいけない問題です。先日、英語では1文で3つまでの指示を行えるようになりましたが、例えば今日の天気を尋ねたあと、明日の天気も確認したくなった場合には、もう一度「OK Google」から始めないといけませんでした。

しかしGoogleは、Googleアシスタントをアップデート。一定時間「OK Google」を言わなくてもGoogleアシスタントとの会話を続けられる「Continued Conversation(続けて会話)」機能を公開しました。

この機能は、5月に行われたGoogle I/Oで発表されていたもの。例えば、今日の天気を尋ねたあとに、明日の天気を知りたくなった場合、「OK Google、今日の天気は?」と尋ねたあと、つづけて「明日は?」と尋ねられるようになります。

待ち受け時間は、実測値で約8秒。この間、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「Google Home」のLEDは点灯状態になっています。

設定は、Google Homeアプリの「設定 > その他の設定 > カスタマイズ設定 > 続けて会話」から。ただし、メニュー自体は表示されますが、現在利用できるのは英語のみとなっています。なお、Googleアシスタントの言語設定を英語にすれば、日本でも利用は可能です。

他の言語でいつ利用可能になるのかは言及されておらず、日本語での使用はしばらく待つ必要がありそうです。これが出来ればエアコンをつけたあとに温度を下げる際、なんども「OK Google」と言わずに済むので、早めの対応を期待したいところです。

ちなみに、Alexaでは同様の機能を3月に実装済み。こちらも利用できるのは英語のみとなっています。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

149シェア
0
149
0
0

Sponsored Contents