Sponsored Contents

paypalの最新記事

Image credit:
Save

ペイパル、クレカ不要に。銀行口座から決済できる新サービス

「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」など計6行に対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年6月25日, 午後02:30 in paypal
1723シェア
243
1480,"likes":1180
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


ペイパル(PayPal)は6月25日、クレジットカード不要・銀行口座との連携で決済できる新サービスを発表しました。

この新サービスでは、従来のクレジットカード(デビットカードも含む)支払いに加え、銀行の口座振替による支払いにも対応。対応口座をペイパル口座と連携させることで、クレジットカードを持たないユーザーでも、ショッピングや決済でペイパルを利用できるようになります。

現時点での対応口座は「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「ゆうちょ銀行」の計6行。銀行口座からペイパル口座へのチャージはできません。

●個人も「支払いの受け取り」が可能に

また、支払いを受け取る「ペイアウト機能」を7月以降に拡充。企業から個人へ簡単に支払えるようになります。





シェアリングエコノミーやEコマースの拡大で、企業から個人へ支払う機会が増えていることが背景にあるといい、個人ユーザーはペイパル口座で1回あたり10万円までの受け取りが可能に。また、対応銀行口座とオンライン連携で本人確認することで、1回あたり100万円までの受け取りや、銀行口座への引き出しが可能になります。

企業側のメリットとしては、個人ユーザーのペイパル口座(メールアドレス)と金額を指定するだけで、簡単に支払うことが可能。また、国内外にリアルタイムに支払えることに加え、API連携による手続きの自動化で、コスト削減効果も見込めるとアピールします。

カード情報を店側に伝えずにクレジットカード決済できる「安心」「安全」なサービスとして注目を集めていたペイパル。単にショッピングにとどまらない、トータルの決済手段として存在感を高めていけるか期待したいところです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: fintech, payment, payments, paypal
1723シェア
243
1480,"likes":1180
0

Sponsored Contents