Sponsored Contents

airpodsの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneを充電できるAirPodsケースが登場?!「そもそも技術的に無理」との指摘も

巨大なAirPodsケースも見てみたい

Kiyoshi Tane
2018年6月27日, 午後03:50 in Airpods
111シェア
15
48
0
48

連載

注目記事


今後登場するAirPods用の新型ケースで、iPhoneが充電できるようになるとの噂が報じられています。

匿名の業界関係者の話によると、新型ケースは今年末にリリースされる可能性があり、ただし発売スケジュールは変更されうるとのこと。例によってこの件についてもアップル広報担当はノーコメント。

ただ、AirPodsケースからのiPhone充電は、技術的にいくつかの側面で難しいと考えられ、アップル関連情報メディアからは「ありえないのではないか」との声も上がっています。

うわさを伝えるNikkei Asian Reviewは、こうしたiPhone充電が可能な新型AirPodsケースの登場は、アップルの最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏が言うところの「真のワイヤレスな未来」に近づくとして大きな期待を表明しています。

2016年末に発売されたアップルの完全ワイヤレスイヤホンAirPodsは、同社から正確な出荷台数は発表されていないものの、事情通の業界関係者によれば今年の売上高は2800万台に達しているとのこと。その堅調な需要のため、アップルがサプライチェーンを複数にしようとしているほどと述べられています。

防水およびノイズキャンセリング機能を備えた上位版AirPodsが噂されるのも、そうした好調を背景としているからと思われます。

しかし、アップル関連情報メディアのAppleInsiderは、本報道に対して技術的な観点から疑念を指摘しています。

まず、AirPodsケースはQi規格に準拠していますが、この規格では充電の送信部分と受信部分は別々にしなければいけません。現状のケースは「充電の受信部分のみ」のため、新たに送信部分を追加してやる必要があります。

もう一つは、AirPodsケースの398mAhに過ぎないバッテリー容量。ローエンドのiPhone SEでさえ1624mAh、iPhone 8ファミリーでは約1850mAhのバッテリー容量であり、いずれにしても数分の1しか充電できない計算。「わずかな時間だけ電話をかけられればいい緊急時」ならともかく、常用するには無理があります。

そうした指摘を考慮して考えると、もしかして今回の報道は未発売のアップル純正ワイヤレス充電器「AirPower」AirPodsケースを混同している可能性も...あるかもしれません。

もし仮に「iPhoneをフル充電できるAirPodsケース」が出るとすれば、容量と体積が比例するバッテリー部分のため、巨大なAirPodsケースが誕生しそう。それはそれで、ピーキーなガジェット好きとしては見たい製品かもしれません。

111シェア
15
48
0
48

Sponsored Contents