Sponsored Contents

smartphonesの最新記事

Image credit:
Save

LGの次なる旗艦スマホV40 ThinQには、合計5基のカメラが搭載されるかも

カメラ台数戦争が再び勃発か

Engadget US(翻訳 金井哲夫)
2018年6月28日, 午前11:15 in smartphones
49シェア
4
45
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

[Engadget US版より(原文へ)]

LGは、製品の行き過ぎたデザインについて、The Onionの記事に学ぶべきかも知れません。Android Policeの情報筋によると、次のLGスマートフォンVシリーズ(Evan Blassによれば、おそらくモデル名は「V40 ThinQ」)には、フロントとリア合わせて5台のカメラが搭載されるとのことです。

リアのカメラが3台となることで、先行していたファーウェイのP20 Proは、たちどころに平凡な機種になってしまいます。2台のカメラは前面に配置され、奥行きを利用した顔認証に使われるのでしょう。あとの3台は裏面に配置され、新しい被写界深度やズームの効果を作るために使われるものと思われます。

またこのモデルは、期待されていたG7 ThinQの高級版でもあり、ノッチ付きディスプレイ、Snapdragon 845チップ、そして「Googleアシスタント」ボタンが搭載されます。もちろん、オーディオ品質を向上させるQuad DACなどVシリーズではお約束のコンポーネントも含まれます。

V40は、夏の終わりか秋の初めに登場するというスクープが先にありましたが、問題はそれが大きな人気を得るかどうかです。LGのラインナップは、2つの中間機種(V30S ThinQV35 ThinQ)によって分かりづらくなっています。アップグレードにどれだけ実があろうと、ユーザーは何度も繰り返される新機種投入を喜んで受け入れるとは限りません。ただ確実に言えることは、カメラ5台を搭載したスマートフォンは、これが最後ではないということです。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Jon Fingas




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

49シェア
4
45
0

Sponsored Contents