Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

2018年のノッチフォン販売台数は約3億台、スマホ全体の19%になるとの調査結果(カウンターポイント)

昨今では逆にノッチがないことがポイントになりつつあります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年6月28日, 午後07:00 in smartphone
84シェア
8
76
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

市場調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが、画面上部の切り欠き(ノッチ)があるスマートフォン――いわゆる「ノッチフォン」――について、おもしろい市場展望調査結果を発表しました。

同社によると、2018年にはノッチのあるスマートフォンが約3億台販売されるとのこと。この台数はスマートフォン全体の19%(つまりスマートフォン全体では57億台)にあたります。この3億台のうち、Appleが45%、Androidが55%を占め、特に、HUAWEI、Oppo、Vivo、Xiaomiの中国メーカー4社で約1億台以上を販売すると予想されています。

ノッチを持つスマートフォンは、2017年5月に発表されたEssential Phoneが元祖。その後、iPhone Xが登場したことで採用端末が急速に増え、いまでは主要メーカーがこぞって採用しています。



カウンターポイントの調査報告では、スマートフォンメーカーがノッチを採用する理由についても触れており、それによると理由は大きく3つあると考えられています。

1つ目はEssential PhoneやiPhone Xがノッチを選んだ理由ですが、全画面化に伴いカメラやセンサーなどのコンポーネントを配置する場所を確保するため。3方のベゼルを薄くした全画面端末はシャープのAQUOS CRYSTALやXiaomiのMi MIXなど以前からありましたが、上部にフロントカメラを搭載する場所がないため、本体下部に配置していました。このため、フロントカメラを使う際には端末をひっくり返して持つ必要があります。

しかしこれの使い勝手が悪く、可能な限りの全画面化をしつつ、カメラは上部に......との要望を同時に満たすための苦肉の策がノッチとも言えそうです。

2つ目の理由は、ディスプレイメーカーからの要望によるもの。一部のスマートフォンメーカーは、これによりノッチを採用した可能性があるとしています。ディスプレイメーカーの技術力アピールのためでしょうか。

3つ目は、Appleのデザインに追従し、トレンドに乗る形でノッチを採用しているもの。短期的な差別化を図るために今後も多様なノッチフォンが発売されると予想しています。

先にも書いた通り、主要メーカーがノッチデザインを採用している一方、Samsungのようにノッチを採用せずに、ベゼルを薄くすることで全画面化を進めていたり、VivoやOPPOのように可動式のカメラを採用することで全画面化を行っているメーカーもあります。


ただし、これを行うには当然ながら相応の技術力が必要です。中小メーカーがデザインのトレンドに乗り差別化を図るには、ノッチを採用せざるを得ない、という事情もありそうです。


▲ノッチデザインを採用したスマートフォンのグローバル市場の推移予想



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

84シェア
8
76
0

Sponsored Contents