Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

更新:ポケモンGO 夏イベント開幕。3時間限定の色違い伝説や特別なボーナス多数

シャイニー増量中

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年6月30日, 午後12:16
163シェア
0
163
0
0

連載

注目記事



(7月1日更新:グローバルチャレンジの第一弾は世界3地域+イベント会場すべてで達成。7月7日フリーザー・デイが解禁になりました)。

ポケモンGOの夏イベント、「Pokémon GO サマーツアー 2018」が始まりました。

サマーツアー 2018は日本の横須賀を含む世界各地で実施するリアルイベントと、連動する一連のゲーム内イベントの総称。ここでは発表済のイベント予定と、現地に行かなくても参加できる企画や期間限定ボーナス、色違いポケモンやアローラのすがた出現についてまとめます。

まずこの週末6月30日から7月1日には、全世界連動企画「ウィロー博士のグローバルチャレンジ」第一弾が開催。この二日間にポケストップやジムを訪れると、期間限定の特別なフィールドリサーチタスクが与えられます。

世界各地のトレーナーがこの特別なリサーチタスクを累計で一定数クリアできれば、7月7日(土)正午から15時までの『フリーザー・デイ』がアンロック。伝説のポケモン『フリーザー』が3時間限定でレイドボスに復帰します。

フリーザーは6月のフィールドリサーチ大発見リワードとして配布されていたばかりなので有難みは正直微妙と思いきや、フリーザー・デイには色違いのフリーザーが出現するほか、ジムからレイドパスが5枚が無料で手に入ります。


夏イベント『Pokémon GO サマーツアー 2018』の流れ

今年の夏イベント全体の流れをおさらいすると、基本的には3つのリアルイベントと、連動する全プレーヤー参加イベント「ウィロー博士のグローバルチャレンジ」があります。

まずリアルイベント3会場と期日、現地に行かなくても適用される期間限定の効果は、

6月30日-7月1日 ドイツ・ドルトムントのサファリゾーン(参加無料)
会場内でのイベントに加え、
全世界で紫と黒の花を咲かせた色違いを含むロゼリア出現が増加

7月14日-7月15日 米国シカゴの GO Fest (有料チケット制)
会場内でのイベントに加えて、
全世界でアローラディグダとアローライシツブテが出現。
全世界でプラスルとマイナンが増加、色違いも登場。


日程未公開 日本・横須賀のサファリゾーン
(内容・ボーナス未公開)

ゲーム内イベントの『グローバルチャレンジ』は、この3つのリアルイベントと同じ期日に開催します。

グローバルチャレンジ概要



課題:
リアルイベントと同期した開催期間中に、ポケストップやジムから手に入る特別なリサーチタスクをできるだけ多くクリアすること。

目標:
南北アメリカ大陸地域・EMEA(欧州中東アフリカ)地域・アジア太平洋地域ごとに、地域の全トレーナー累計で各500万回。および、リアルイベントの会場で10万回。

達成ボーナス:
地域ごとに判定する目標回数達成ボーナスと、すべての地域が達成できた場合の追加ボーナス、さらに全三回のグローバルチャレンジが完全に成功した際のウルトラボーナスの3段階。地域ごとのボーナスも、アンロックすれば全世界のトレーナーに適用されます。

第一回の6月30日・7月1日に日本含むアジア太平洋地域でリサーチ500万個のクリアを達成した場合、7月2日から7月9日の一週間、しあわせタマゴの持続時間が1時間に延長されます。

もし南北アメリカ・EMEAおよびインド地域・イベント会場のドルトムントでもそれぞれ目標回数を達成した場合、ポケモン捕獲時のXP・レイド勝利時のXP・タマゴ孵化時のXPにもボーナスが全世界に適用されます。

さらに4エリアすべてで目標を達成した場合、『フリーザー・デイ』がアンロック。7月7日(土)正午から15時までの3時間のみ、レイドボスに色違いを含むフリーザーが出現。ジムから無料のレイドパス5枚。

(7月1日更新:全地域+会場でグローバルチャレンジ達成。7月2日から9日の各種XPボーナスと、7月7日のフリーザー・デイが解禁になりました。)


とりあえず今週末~来週末にすること・以降の予定の立て方


6月30日と7月1日

・ポケストップやジムのディスクを回して、グローバルチャレンジのリサーチタスクを入手、クリアしておく。すでにフィールドリサーチを3つ持っていると出てこないため、クリアするかゴミ箱アイコンで放棄しておくこと。

クリア回数の目標は「アジア太平洋地域の全トレーナー累計で500万個」。個人としては一度もクリアしなくても、累計でクリアできればボーナスは適用されます。(7月1日更新:達成しました。)

放っておいても達成されるだろう、できないなら自分がクリアしても大海の一滴以下だからあまり意味はない、と考えるか、全プレーヤー等しくカウントされるのだから参加してたくさんクリアしておこう、もしかしたら自分の一回でちょうど500万に届くかも、と考えるかはまあ人それぞれ。

ロゼリアを見かけたらタップして色違いをゲットする。色違いポケモンは原則的に恒常追加で、イベント期間後も入手可能と考えられますが、そもそも色違いは遭遇確率が低いため、増えているあいだにできるだけ見つけておくのが得策です。

なお色違いポケモンはフィールドマップ上では分からず、タップして捕獲画面にして初めて、ポケモンの色とキラキラエフェクトで区別できます。

ポケモンGO Plus やタマゴ孵化などでいつの間にかゲットしていた場合でも、ポケモン一覧に星のマークが付き容易に確認可能です。

7月2日~7月9日
各地域でのグローバルチャレンジ達成状況により、主にXP関連ボーナスが適用。レベルアップを狙う場合、この期間にしあわせタマゴ併用で実施したほうが効率的です。特に7日と8日の伝説レイド(レイドXPボーナス有効時)、コミュニティ・デイ(捕獲XPボーナス有効時)が狙い目。

7月7日(土)
・もし全地域でグローバルチャレンジが達成されていれば『フリーザー・デイ』(7月1日更新:確定しました)。正午から15時までの3時間のみ、レイドボスにフリーザーがアンコール出現。すでに持っていても、色違いフリーザーをゲットする貴重な機会です。

色違いかどうかはレイド戦が終わったあと、ゲットチャレンジになって初めて確認できることに注意。

・レイド戦をするひまがなくても、せめてジムのフォトディスクを回して、無料のレイドパス5枚を入手

7月8日(日)
ゼニガメ大量発生のコミュニティ・デイ。お約束の色違いも出現します。


グローバルチャレンジとは無関係な月例イベントですが、もしポケモン捕獲XPボーナスが有効な場合、色違いを求めてゼニガメ捕りまくりでXPも稼げます。

コミュニティ・デイの実施期間(正午から15時まで)限定ながら、タマゴの孵化までの距離1/4ボーナスもあるため、フレンドからのギフトで手に入れたアローラのすがた確定7kmタマゴを孵したり、その前にギフトから7kmタマゴを貰うため通常のタマゴを孵してスロットを空ける機会でもあります。

(ギフトからのタマゴは、通常のポケストップからのタマゴと同じく、すでに9つタマゴを持っていると出ないため)。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

163シェア
0
163
0
0

Sponsored Contents