Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

カメラで選ぶ!最新スマホレビュー:iPhone X版

フォトグラファー三井公一さんによる連載。まずは、iPhone Xで基準となる評価をします。

Hirotaka Totsu
2018年7月2日, 午後06:30 in Apple
193シェア
83
44
0
66

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


最近では、写真を撮るのはもっぱらスマホのカメラだけという人も増えました。スマートフォンもiPhoneをはじめ、カメラ機能が売りの機種も多く発売されるようになりました。しかし、どのスマートフォンも「夜景がキレイに撮れます」「自撮りがキレイ」「暗い場所でもキレイに撮れます」などそれぞれがアピールするので、果たしてどのスマートフォンが自分の撮影ニーズに適しているのかがわかりにくい状況です。

iPhone 8 REDの撮影をしてもらったり、GWのスマホ撮影テクニックでいろいろアドバイスをいただいたiPhonegrapherの三井公一(sasurau)さんに、カメラ機能が売りの話題のスマホを、共通のチェックポイントで評価してもらいました。まずは、基準となるスマホとして、iPhone Xを評価してもらいます。
iPhone Xは、2017年9月の発売と最近発売のスマートフォンから見ると少し古い印象もありますが、多くの人が利用しているということと、カメラ機能など多くの面で最新機種にも負けないポテンシャルがあるということで、リファレンス機種として採用しました。

Gallery: iPhone Xギャラリー | 19 Photos

19

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、様々な材質や色合いのアイテムを並べた作例から。
マンフロットのbeefreeモバイル三脚にTwistGripスマートフォンアダプターを使用してポジションを固定し、撮影端末を入れ替えながら次々と撮影しました。色や素材の幅が広く、カメラの性能を1カットで判定するためのショットとして利用しました。



「モデルとともにテーブル上に並べられた、布、金属、木でできたものの写りをチェックします。スマートフォンの"標準"とされるだけあって、iPhone X の描写は優等生的なものになっていますね。ハイライトからシャドウまで破綻のない階調と、左下にあるメタル製メッシュの絵作り、右にある燃料ボトルの光沢感などは自然で好感が持てます。色再現も見た目に近い印象。ただモデルの肌、髪の毛、ゆるキャン△にも登場する"メタル賽銭箱"の暗い部分などの処理はややノイズを感じます。とは言っても全ての面において、他のスマートフォンの目標となる"ヒトが心地よいと感じる"写りを実現しています」



続いては、風景を評価します。風景は、旅行や外出の際など撮る機会も多い被写体です。

「やや雲が多い微妙な天候を自然に写し取ってくれました。雲の立体感はなかなかのもの。グリーンの芝生部分や橋の陰部分の描写はやや塗り絵っぽいが、引いて見る分には問題ないでしょう」



さらによく撮る被写体といえば、食べ物です。SNSにアップした時の見栄えなどカメラに依存する部分も多いです。

「美味しそうな三浦野菜のプレートを撮影。外光が入るテラス席での撮影でしたが、素材のシズル感溢れる模範的なカットとなりました。色合いも階調も申し分ないですね」



スマホでの撮影で大事なのはやはり人物の撮影。肌の描写や髪の毛などの細かい部分の描写をチェックします。

「モデルに寝転んでもらい、スキントーンなどのチェックを行いました。曇天下でフラットな光だったので、優しく柔らかな写りとなりました。若々しい肌の調子が素晴らしい。肌色の再現性もまずまずで、瞳や髪の毛の細かい絵作りも見事と言えます」



かつてスマホカメラは暗い場所は不得手とされてきましたが、ここ数年暗所での撮影性能がどんどん向上しています。雰囲気のあるレストランなどでは、ロウソクや間接照明など暗めの照明ですので、そのような場所での性能もチェックしました。

「日が落ちたテラスでモデルとフード、ドリンクを撮影。モデルが動いたのでワイングラスがわずかにブレているが、店内の照明と外光とのミックス光源のなか、見た目に忠実な仕上がりとなりました。過度に補正してギラギラした写真にならないのが iPhone Xの良さですね」




最後は、機種が持つ特別な機能を利用しての評価です。iPhone Xでは、より強化された「ポートレートモード」が特徴でもあります。

「iPhone X のポートレート(被写界深度エフェクト)は「自然」の一言に尽きます。ユーザーがボケ具合をコントロールすることができませんが、搭載された望遠カメラの焦点距離とF値においての、ナチュラルで優しい"Bokeh"が素晴らしい。ユーザーに面倒な設定を求めない Apple らしい配慮といえます」

(更新 2018/8/7:初出時に掲載していたグラフは、説明不足な部分や評価軸として不適切な部分があったと判断し、削除しました。)

<評価まとめ>

三井さん「iPhone Xは何と言っても使いやすさが抜群で総合的にもオススメですね!

使いやすさが絶賛されているのがiPhoneらしさ、Appleらしさとも言えます。今後、他社のカメラ機能が売りのスマホを紹介して行きますので、お楽しみに。

その他三井さんによるiPhone Xでの作例は以下のギャラリーからご覧ください。

Gallery: iPhone Xギャラリー | 19 Photos

19


撮影 :三井公一
モデル:来栖梨紗





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, camera, camerareview2018h1, iphone, iphoneX
193シェア
83
44
0
66

Sponsored Contents