Sponsored Contents

ecの最新記事

Image credit:
Save

ZOZO、完全オーダーメイドのスーツが2万1900円。ZOZOSUITの体型データ活用

テクノロジーによる変革がファッション業界にも

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年7月3日, 午後01:47 in Ec
4784シェア
3815
695
0
274

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

ファッションECの「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、プライベートブランド「ZOZO」の新商品として、初のフォーマルスーツとなるメンズの「ビジネススーツ」(2Bスーツ)「ドレスシャツ」を7月3日に発売します。

●ユーザーの肩傾斜や体型の左右差まで考慮

この2商品は、これまでの「パターンオーダー」(あらかじめ複数サイズを用意)とは異なる完全オーダーメイド生産。採寸用ボディースーツの「ZOZOSUIT」で計測した体型データをもとに、ユーザーの肩傾斜や体型の左右差、骨格なども考慮。1点1点注文を受けてから生産すると言います。





このうちビジネススーツは、スーパー110'sのウール生地を用い、着ていることを忘れるような着心地の本格テーラーメイド感覚を味わえるとのこと。柄とカラーは、無地 x 3色(ブラック・ダークネイビー・チャコールグレー)、ヘリンボーン x 4色(ネイビー・ダークネイビー・ライトグレー・チャコールグレー)から選択可能。パンツの裾始末やポケットの形、ボタンや裏地のカラーなど、細部のカスタムオーダーが可能で、好みのスーツを究極のサイジングで提供するといいます。

ドレスシャツは14色を用意。首・肩・胸囲・袖丈・袖口・着丈・胴回りにとどまらず、襟の大きさや高さ、ポケットの大きさ、位置など細部までミリ単位で調整しているとのこと。襟や袖口のデザインのカスタムが可能で、一人ひとりの体型と好みに合わせられるとうたいます。また、ZOZOブランドのネクタイも8月頃に発売予定としています。



●当初はセット販売限定

販売価格は下記の通りです(いずれも税込)

・ビジネススーツ・・・発売時 2万1900円(定価3万9900円)
・ドレスシャツ・・・発売時 2900円(定価4900円) 

本日(7月3日)18時より注文受付を開始予定。しばらくは定価よりも大幅に安い割引価格で販売します。通常は注文から1〜2週間で商品が届くとしているものの、初回注文に限り8月上旬の発送を予定します。


なお、当初は「ビジネススーツ」と「ドレスシャツ」のセット販売限定となり、価格は2万4800円。また、服のオーダーメイドには体型データが必要なため、手元にZOZOSUITがないユーザーからの注文には、まずZOZOSUITを配送して対応するといいます。


登壇した前澤友作社長は、自身が身長の低さにコンプレックスを抱えていたと明かし「体型に悩みのある人にも、ピッタリのサイズのスーツをお届けできる」とコメントしました。



またスタートトゥデイは本日よりグローバル市場に進出。プライベートブランドの「ZOZO」を世界72の国と地域で展開します。グローバルローンチキャンペーンとして、海外の10万人のユーザーに「ZOZO」ブランドのTシャツとデニム、そしてZOZOSUITを無料配布するとしています。

(更新 16:35)文章を一部整えました
関連キーワード: ec, zozo, zozosuit, zozotown
4784シェア
3815
695
0
274

Sponsored Contents