Sponsored Contents

Tipsの最新記事

Image credit:
Save

シングルカメラでも背景をぼかせる「選択フォーカス」の使い方:Galaxy Tips

デュアルカメラになる前から使えたGalaxyの撮影機能

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年7月4日, 午前11:49 in Tips
99シェア
9
39
0
51

連載

注目記事

Galaxy Note8やGalaxy S9+には、デュアルカメラを活かして背景ぼかし撮影を行える機能が搭載され、話題となりました。しかし、デュアルカメラではない、従来のGalaxyシリーズの一部モデルにも、実は被写体の背景をぼかせる「選択フォーカス」という機能が備わっています。本記事では、Galaxy S8(Android 8.0)を例に、同機能の使い方ついて改めて紹介しましょう。

Gallery: 「選択フォーカス」の使い方 | 4 Photos

4

背景をぼかして撮影しよう


選択フォーカスは、近くまたは遠くにある被写体のどちらかに対して、ソフトウェア上の処理で、ぼかし加工を施せる機能です。

「カメラ」アプリを起動し、画面を左から右へスワイプ。撮影機能の一覧から「選択フォーカス」をタップします。

▲画面を右スワイプ(左)。選択フォーカスをタップする(右)

まずは、被写体との距離を端末から50cm以内に調整しましょう。画面をタップして、近くの被写体ピントを合わせ、カメラボタンをタップします。これで、近くの被写体にピントが合い、背景がぼけた状態で写真が撮影されます。


▲処理中にはカメラボタンの周囲を黄色い縁が伸びていく(左)。選択フォーカスを有効にして撮影した作例。背景がぼけて被写体が際立っている(右)

誤って遠くの被写体をタップしてしまった場合などには、被写体を上手く認識できないことがあります。その際には、画面に「フォーカスコントラストを適用できません。被写体を検出できませんでした」という文が表示されます。構図を整え、改めて撮影し直しましょう。

撮影後に焦点を変更しよう


選択フォーカスを有効にして撮影した画像は、撮影後にぼかす箇所を調整できます。まず、「ギャラリー」アプリを起動し、該当の写真を開きます。


▲「背景ぼかしを調整」をタップ(左)。下部の「遠焦点」または「パンフォーカス」を選択して、「保存」または「新規保存」をタップ(右)

選択フォーカス機能の画面に切り替わり、下部に選択肢が表示されます。撮影した写真は、最初「短焦点」が選択されています。これは、近くがはっきり写り、遠くがぼけた状態です。


▲「遠焦点」を選択した場合(左)。「パンフォーカス」を選択した場合(右)

「遠焦点」では、近くがぼけ、遠くがはっきり写ります。「パンフォーカス」では、近くも遠くもはっきり写ります。どちらかを選択し、「保存」または「新規保存」をタップしましょう。後者では、別の画像ファイルがもう一つ生成されます。

ちなみに、選択フォーカスでぼかした写真は、「ギャラリー」アプリにあるフィルターなどで追加加工を施せます。

関連キーワード: android, camera, galaxy, galaxy s8, galaxy tips, Samsung, tips
99シェア
9
39
0
51

Sponsored Contents