Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

「LINEモバイル」のソフトバンク回線を契約、通信速度を測ってみた:週刊モバイル通信 石野純也

このスピードをどこまで維持できるか

石野純也 (Junya Ishino)
2018年7月4日, 午前09:30 in mobile
202シェア
20
182
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ソフトバンク傘下になったMVNOLINEモバイルが、7月2日から、ソフトバンク回線を使ったサービスの提供を開始しました。料金は据え置きで、ドコモ回線と同じ。現時点では未提供ですが、「カウントフリー」改め、「データフリー」にも対応する予定。プランによって対象は異なりますが、データフリーを利用すれば、LINEやTwitter、Facebookなどの通信が、通信量のカウントから除外されます。


ソフトバンク回線でのサービスを開始

また、ソフトバンク回線でのサービスを開始したことに伴い、LINEモバイルでは大盤振る舞いのキャンペーンを実施しています。1つ目が、6カ月間、900円割引になるというもの。音声通話つきプランのみですが、ドコモ、ソフトバンクのどちらも対象で、最安のLINEフリープランであれば、月額料金は300円に下がります。6カ月間の期間限定ですが、まさに激安といえるでしょう。


▲月1GBのLINEフリープランは、月額300円に

もう1つのキャンペーンは、ソフトバンク回線でデータフリーが提供されていないことを受けたもので、7月と8月の2カ月間は、データ容量が2倍になります。どのサービスと通信したかを見分けられない代わりに、一律で容量を2倍に増やしてしまおうというわけです。ほかにもWebから申し込むと、既存のキャンペーンも適用され、お得感が満点。ソフトバンク回線でのサービスインをアピールするには十分な内容になっています。


▲ソフトバンク回線は、データフリー実施までのつなぎとして、容量が2倍になる

ただ、キャンペーンが終われば、料金はドコモ回線とまったく同じ。かつては決定的な違いであったエリアについても、LTEのネットワーク整備がひと段落した今では、差が小さくなっています。正直なところ、都市部で生活しているのであれば、ドコモ回線を選ぼうが、ソフトバンク回線を選ぼうが、違いは分かりづらいかもしれません。

では、2つの回線の差はどこで出てくるのでしょうか。LINEモバイルの代表取締役社長の嘉戸彩乃氏は、「なじみのあるネットワークを選んでいただければと思う」と語ります。ネットワークになじんでいる人はなかなかいないかもしれませんが、これは言い換えれば、今ドコモの人はドコモ回線を、ソフトバンクの人はソフトバンク回線を選べばいいということです。元々の回線が同じであれば、SIMロックを解除する必要なく使えるのもメリットといえるでしょう。


▲ソフトバンクユーザーが、スマホそのままで機種変更できるようになったのはメリットの1つ

回線速度も、ソフトバンクの方が有利になりそうです。MVNOは大手キャリアから帯域を借り、そこにユーザーを詰め込む形になります。結果として、帯域を多く借りれば借りるほど、たくさんのユーザーを収容できるようになりますが、ピークがくる時間が限られており、そこに合わせてしまうと、コストがかさみすぎてしまう問題があります。

ただ、LINEモバイルはソフトバンク傘下で、持ち株比率的には子会社という扱い。LINEモバイルが大量の帯域を借りればそのぶんコストにはなりますが、一方でソフトバンクの利益にもなるため、グループとしてみればプラマイゼロです。現時点ではやっているかどうかは定かではありませんが、総務省の有識者会議で問題視されていた"ミルク補給"が可能な状態になったというわけです。少なくとも、まったくの他社であるドコモからよりは、回線を借りやすいでしょう。

こうした背景もあってか、LINEモバイルは、ソフトバンク回線で「速度」を訴求しています。7月末には通信速度の実測値をWebで公開するほか、1回でも1Mbpsを下回ってしまった月は、ユーザー全員に1GBプレゼントする「格安スマホ最速チャレンジキャンペーン」を展開します。"詫び石"ではなく"詫びギガ"をするとあらかじめ宣言しているのです。


▲定点観測したスループットを、Webで公開する予定


▲1Mbpsを下回ったときに"詫びギガ"がプレゼントされるキャンペーンも実施

実際には、サービス開始から間もないため、1Mbpsを切るほどまで速度は落ちないでしょう。あくまで詫びギガは話題作りのためだと思いますが、速度に対する自信の表れと見ることもできます。速度はMVNOに対する不満として挙がることが多いため、「LINEモバイルのソフトバンク回線は速い」という評判が広がれば、他社のユーザーにアピールできるのと同時に、自社内での回線切り替えをするユーザーも増やせそうです。


早速契約してスピードテストを実施

ということで、早速筆者も、LINEモバイルのソフトバンク回線を契約してみました。この原稿をすぐに書きたかったので、配送のタイムラグがあるオンライン契約をあきらめ、家電量販店の即日開通カウンターを利用しました。まずはお試しということで、1GBのLINEフリープランを契約しています。


▲ソフトバンク回線のパッケージ。SIMカード以外のデザインは、ドコモ回線と同じだ

この段階でSIMカードが2種類あることが発覚。店頭では、iPhone用とAndroid用に分かれていると告げられ、どちらの端末を使うかをたずねられました。本当は両方で使いたかったのでテンションは落ちる一方でしたが、片方しか選べないということで、仕方なくiPhone用を選択。契約は30分程度で終わりました。ところが、開通中にLINEモバイルのブログを見てみたところ、そこまで単純な区分けではなかったことが分かりました。

LINEモバイルのブログによると、SIMフリースマホでは、どちらを選んでもよかったようですが、ソフトバンクのSIMロックがかかっている場合、端末の種類によって選ぶSIMが異なるとのこと。ややこしいのがSIMロックのかかったiPhoneで、iPhone 8、8 Plus、Xであればどちらを選んでもOK、それより前のものは、iPhone用SIMを選ぶ必要があるというところです。逆に、ソフトバンクのSIMロックがかかったAndroidの場合、Android用以外では通信ができません。


▲LINEモバイルのブログには、SIMカードごとに対応する端末が表で記載されている

これを店頭で理解させるのは、かなりの困難が予想されるため、上記のように、シンプルな説明になったのだと思います。ソフトバンクがAPNを分け、なおかつ設定をふさいでしまっているためですが、まったくユーザーフレンドリーではありません。MVNOにとってもいらぬ負担が増えるため、もっと改善すべきポイントだと感じました。

契約自体は30分程度で完了。パッケージもドコモ版と同じですが、中に入っているSIMカードは、思いっきりソフトバンク仕様です。早速SIMカードを抜き、APNを設定するため、構成プロファイルをインストールしました。この手順は、ほかのMVNOと同じですが、正直面倒なことも事実。Wi-Fiなど、LINEモバイル以外の回線がないと設定できないのは不便です。ソフトバンク傘下であれば、別の手段も取れそうなものなので、改善に期待したいところです。


▲iPhoneの場合、APN設定はWebからダウンロードできる構成プロファイルで行う

SIMカードを挿して、自慢の通信速度もチェックしてみました。渋谷にある筆者の事務所では、下り30Mbps程度を記録。夕方から夜にかけて、何回か速度チェックをしてみましたが、比較的安定して高い数値が出ます。

同じソフトバンクから回線を借りる、U-mobileの「U-mobile S」と比べても、結果は上々。特にU-mobile Sは、上りの速度がまったく出ないため、総合的に見ると、LINEモバイルの方が上といえるでしょう。

(追記:2018/07/06 18:31) U-mobile Sでの上りの速度測定結果は、再起動していないためではないかとの指摘があり、改めて測定したところ、約20Mbpsを記録しました。ただし、計測時間等の条件が異なるため、追記として記載いたします。




▲筆者の事務所での通信速度は30Mbps前後を記録


▲同じソフトバンク回線のU-mobile Sより高速だった

とはいえ、LINEモバイルはまだサービスインから丸1日しか経っていないため、帯域はガラガラ。親会社のソフトバンクがどこまで面倒を見るのかにもよりますが、ユーザー数が増えてくれば、徐々に速度は落ちていくでしょう。データフリーの提供など、まだ未実施のサービスもあり、今はまだ試験導入のような印象もあります。一方で、ソフトバンク傘下ということもあり、やはり速度は求めたいところ。この速度をどこまで維持できるのかは、注目しておきたいポイントといえます。



(2018/07/06 18:35) タイトルを変更しました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: linemobile, mobile, mvno, sim, smartphone
202シェア
20
182
0

Sponsored Contents