Sponsored Contents

arの最新記事

Image credit:
Save

AR美少女が観光ガイド、KDDI・パソナがバーチャルキャラクター事業

人を置き換える?

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年7月5日, 午前09:00 in ar
154シェア
39
68
0
47

連載

注目記事


おじさんが美少女に変身できる「VTuber」をはじめ、バーチャルキャラクターが今注目を集めています。これは、AR技術の進展でキャラクターの活用の幅が大きく広がっているため。

KDDIとパソナテックシステムズは、このバーチャルキャラクター事業に本格参入。独自キャラクター「レナ」を活用した観光案内システムの実証実験を開始しました。

●東京・大手町にある牧場を「レナ」が案内

この実証実験は、東京・大手町にある都市型牧場「大手町牧場」で実施。来場者に貸与したタブレットにバーチャルキャラクターの「レナ」が出現し、AR機能を用いて牧場を案内します。





具体的な案内の内容としては、ARマーカーによる位置情報を利用して、飼育している動物を解説。またユーザーの声を認識して、動物についてのクイズを出したり、酪農に関するユーザーの質問にも回答できるといいます。

これに際してパソナテックシステムズは、KDDIのAI・XR(ARとVRの総称)キャラクター技術を活用した「バーチャルガイドソリューション」を開発。牧場だけでなく観光やオフィス、美術館・工場ガイドなどの際にも利用でき、人間に比べてシフトなどの時間的制約がない点を売りにします。



実際に体験してみると、手持ちのタブレットが大画面で視認性も良好。簡易的なガイドとしてはとても便利だと感じました。付加価値の高いガイド業務は人間が引き続き担うにせよ、簡易的なガイド業務はいずれこうしたバーチャルガイドに置き換えられていくのかもしれません。



この実証実験は12月28日まで実施中。参加は無料で、時間は平日12:00〜18:00、土曜日は12:00から17:00までとなっています。(日曜は休日)

関連キーワード: ai, ar, kddi, vr
154シェア
39
68
0
47

Sponsored Contents