Sponsored Contents

fintechの最新記事

Image credit:
Save

スマホで「株の買い時」がわかる投資アプリ SBI証券が支援

アナリストの「信頼度」をスコア化

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年7月5日, 午後04:55 in fintech
368シェア
69
104
0
195

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

Fintech事業を手がけるFIGSは、投資初心者でもプロのノウハウを活用できるとうたうスマホアプリ「FIGS」を公開しました。SBI証券が支援し、月1950円で利用できます。



●プロ並のツールを投資初心者に

FIGSは、Android / iOS / WEBで利用できるスマート投資サービスです。

投資判断では「誰を信じるか」「いつ投資するか」「どこに投資するか」の3点が重要だといい、そのそれぞれに対応した3つの機能を備えます。



「誰を信じるか」の判断に役立つとうたうのが「FIGS アナリストスコア」機能です。これは、世界2300人のアナリストの正確性をスコア化したもの。2003年以降の15年間に各アナリストが立てた予測と実際の株価を比較し、その乖離が少ないほど高評価を与えます。『スコアが76.5%と表示されるなら、それは彼の予測が76.5%の確立で当たるという意味』と担当者は説明します。

例えばFIGSでアップル株を検索すると、アップルをカバーしているアナリストが一覧表示されます。アナリストをタップすると、プロフィールのほか、予測正確性のスコアも表示されます。また、そのアナリストがカバーしている他の企業についても参照できます。



「いつ投資するか」の判断に役立つとうたうのが「FIGS センチメントスコア」機能です。これは、「皆が貪欲なときに恐怖心をもち、皆が恐怖心を抱いているときに貪欲であれ」という、ウォーレン・バフェットの言葉を体現した機能だといいます。

具体的には、現在の市場と同じ動きをする過去の相場変動パターンを検出し、そこから市場の動きを予測します。スコアが0%に近いほど市場が恐れを感じている状態、100%に近いほど市場が貪欲な状態だといいます。市場が貪欲だとすぐに相場が下がり、恐怖心を抱いているとすぐに相場が上がるという傾向から、投資タイミングの判断に使えるといいます。



「どこに投資するのか」の判断に役立つとうたうのが「FIGS リターントラッカー」です。これは、今投資すべき業界やテーマを明示できる機能だといいます。

具体的には、日本や米国、香港やシンガポールなど7か国のマーケットが対象。アナリストが示す12か月間の株価目標平均値と現在の株価を収集し、その差から潜在的なリターンを算出するといいます。



▲左からFIGS COOのレイモンド・チャン氏、同CEOのユージン・オング氏、SBI証券 代表取締役の高村正人氏

スマホ投資業界では、AIに投資を任せるロボアドバイザーが注目を集める一方、初心者が投資可否を判断できる情報を入手しづらい状況が長く続いています。初心者でも簡単に投資情報を入手できるようになれば、スマホ投資にもまた新たな風が吹くかもしれません。

なおFIGSはサービスのリスク説明の中で「専門家及び金融専門家の助言に代替することを意味するものではない」としていて、FIGSを利用するにせよ、投資にリスクが伴うことに留意する必要があります。

Source: FIGS
関連キーワード: app, finance, fintech, internet, mobile, smartphone
368シェア
69
104
0
195

Sponsored Contents