Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iOS 11.4.1の配信開始。バグ修正のほかUSB制限モードがついに実装

個人情報がガッチリ守られます

Kiyoshi Tane
2018年7月10日, 午後04:00 in iphone
319シェア
77
134
0
108

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

アップルはiOS 11.4.1の配信を開始しました。

主な内容は、iPhoneおよびiPadのバグの修正および改善とのこと。「iPhoneを探す」でAirPodsの最後の位置情報を見ることができない問題や、Exchangeアカウントでメール、連絡先、メモの同期の信頼性を改善したとされています。

さらに、これまでのiOSベータ版で何度か確認されてきた「USB制限モード」がついに実装。パスコードで保護されたiPhoneやiPadなどで、USBアクセサリを経由した端末内データ保護がより強化されることになります。

iOS
USB制限モードとは、iPhoneやiPadといったiOSデバイスをUSBアクセサリ経由でPCやMacなどに接続する場合、一定時間ロック解除していないときは、デバイスとの通信を不可にする機能のこと。パスコードなどでロック解除すれば、通信可能となります。

この機能はiOS 11.3およびiOS 11.4ベータ版や、iOS 12ベータ版で確認済み。前者では「前回のロック解除から7日間が経過」という条件が後者では「1時間以上」とされ、しだいに強化されていました。

アップルのサポートページによれば、iOS 11.4.1以降は過去1時間以内にロック解除されていないiOS端末は、Lightningポートが無効化され、USBアクセサリがデバイスと通信できないとのこと(USB制限モードが有効の場合)。

ロックされた端末にUSBアクセサリを接続すると、「ロック解除するように」と警告するメッセージが表示。一度ロック解除してしまえば、(1時間以上が経過しても)USBアクセサリは有効のままとなります。

以上はPCやMacなどと接続する場合のみに限られ、データ通信を伴わないUSB充電アダプタに接続した際は、ロック解除しなくても通常通り充電されます。iOS

USB制限モードは、設定から「Touch ID(ないしFace ID)とパスコード」内の項目で設定可能。デフォルトでは有効になっており、無効にした場合は「iPhoneが1時間以上ロックされているときにUSBアクセサリが接続されないようにするにはオフにします」と指示が表示されます。
iOS

アップルはなぜUSB制限モードを導入したのか? 当初は全米の警察や政府機関が採用したと伝えられる「Graykey」のようなロック解除ツール対策であり、法執行機関がブルートフォース(パスコード総当たりによるロック解除)戦術でiPhone内のデータを取り出すことを阻止する目的との推測を呼んでいました。

が、今回のアップデートに先立つ数週間前、アップルは米メディア9to5Macに声明を発表。

「わが社は顧客をハッカー、個人情報の盗難や侵入から守るために、あらゆる製品のセキュリティ保護を絶えず強化しています」「法執行機関に対して最大の敬意を払い、彼らの職務上の努力を妨害するようなセキュリティ強化を意図しているわけではありません」と述べています。

つまり「わざと捜査を妨害」ではなく「顧客のプライバシーを守っているに過ぎない」ということ。

「犯人の個人情報さえ保護される」という結果は同じ気もしますが、絶対多数である「犯罪とは無縁の一般人」のiPhone内情報が強固に守られることには、誰も異を唱えられないかもしれません。

Via: 9to5Mac
Source: Apple
関連キーワード: apple, ios, ipad, iphone, privacy, security, smartphone
319シェア
77
134
0
108

Sponsored Contents