Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

一部のiPhoneで「Taiwan」と打つとクラッシュするバグ。すでにiOS 11.4.1で修正済み

iPhoneで"たいわん"を変換してみよう

Munenori Taniguchi
2018年7月11日, 午後12:46 in Mobile
457シェア
122
261
0
74

連載

注目記事

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

Kiyoshi Tane, 12 時間前
View
アップルが、iOS 11.4.1で"Taiwan"とタイプしたときに特定の言語や地域設定を施したiPhoneがクラッシュする問題を修正しました。お察しのとおり、"特定の~"とは中国のこと。

中国は、台湾を国家として認めていません。したがって、中国内で扱われる前提のiPhoneは、絵文字の台湾(中華民国)国旗が取り除かれています。そして、それらのiPhoneで"Taiwan"とタイプした際、ソフトウェアは変換候補としてTaiwan国旗の絵文字を提示するためにその文字コードを返そうとするものの"null"コードしか得られず、クラッシュを引き起こすとのこと。

もちろん、これは中国でiPhoneを入手したり、中国語で使うようiPhoneを設定していなければ起こらないと思われるバグではあるものの、とくに中国や台湾の人々とテキストでやり取りをする機会の多い人は、もしかしたら知らぬ間に相手のiPhoneをクラッシュさせる機会を増やしていたかもしれません。

幸いなことにこの問題はiOS 11.4.1で修正されました。中国語で使っていても日本語で使っていても、ソフトウェアは常に最新にしておくに越したことはありません。

ちなみに、日本語のiPhoneでも"たいわん"と入力して台湾の旗に変換することができません。なぜそうなっているのかについては不明ですが、変換できないことに気づいたユーザーが2017年にアップル公式のコミュニティに「なぜ台湾の国旗だけ絵文字の中に無いのですか?」という投稿をしています。まさか日本語のiOSにまで中国の意向が反映されているわけではない...はず。

これには、少し前までは台湾の旗そのものがiOSの絵文字になかったことも関連しているかもしれません。ただ、このままだと不便を被るユーザーもいるはずなので、アップルにはしっかりと対応をお願いしたいところです。



Via: Axios
Source: Objective-See
関連キーワード: apple, china, gear, mobile, taiwan
457シェア
122
261
0
74

Sponsored Contents